最新トピック・コラム 他

将来のキミの仕事は「今は存在していない仕事」だよ。【後編】

前回に引き続き、これからの時代にどのように働いていくか、進路を考える若者に向けて想いを綴ります。

「将来のキミの仕事は「今は存在していない仕事」だよ。【前編】」はこちら。

この記事を読む

仕事の本質

とてつもない変化を続ける時代で働き、生き残っていくために必要だと思うスキルは「課題を発見するスキル」と「問題解決に向けて突き進めるスキル」だと思います。

どんな時代であろうとも、どんな業種であろうとも、仕事の本質は「今ある現状の課題を発見して、それを解決していくこと」。これに尽きると思います。

2016年時点においても、数えきれないほどのビジネスが存在しますが、ほぼすべての仕事に共通しているのは、この部分では無いでしょうか。


当たり前じゃないと気付くスキル

「課題を発見して、それを解決していく」と聞くと、いかにも当たり前に聞こえますが、そんなことは決してありません。

このフレーズの中には、「課題を発見する」こと、そして「課題を解決する」ことという2つの極めて難しいスキルが要求されています。

高度経済成長期においては、正解例は欧米にあり、それを日本に持ってきたり適応させることが仕事でした。一昔前では、Googleで検索すればその正解が載っていて、それをコピーすることが仕事として成立していました。

ただし、この流れの中には「すでに見つかっている課題とすでに存在する正解例」をマッチングさせるという要素はあれど、課題発見と解決という性質が無い場合も多いことにお気付き頂けたでしょうか。

目に見える課題に気付くことはもちろんのこと、潜在的な課題(となり得るもの)を自分で考え、仮説を立てていくスキルは今後仕事をする上で非常に重要になってくると思います。


手探りで前に進むスキル

また、発見した課題を解決することも非常に難しいことだと言えるでしょう。

今後生じる仕事というものは、過去に前例が無かったり、Googleの中に答えが落ちていなかったりするものばかりです。

必要なプロセスは、問題解決に向けて状況が整っていない中で試行錯誤したり、まだ答えが無いことへ仮説を立て、トライアンドエラーを繰り返しながら少しずつ前に進んでいくという至ってシンプルなものです。

しかしながら、この地味で長期的な仕事を出来る人はそう多くはありません。答えの見えない中で暗闇を進み続けるには、想像以上に精神力も体力も必要です。

だからこそ、今後は不確定な問題に対して解決するスキルを持っている人は重宝されていくと思います。


意識高いと笑う大人って何?

そして、最後に「意識」の部分についてお話させてください。

世間では最近「意識高い系」という言葉にあるように、熱く何かを語ったり、大きなことを言ったりする若者を嘲笑するような傾向があるようです。

しかしながら、そんな大人は無視しましょう。

自分に置き換えてみても分かる通り、貴重な時間を関係性の遠い人に使いたいと思いますか?

何か打ち込むことがあるなど頑張っている人であればあるほど、結果的に実績がある人であればあるほど、そんな貴重な時間をただ嘲笑することに使うでしょうか?

そんなことに時間を使えるような、うだつの上がらない人の意見は無視しましょう。

そもそも、自分も含めて人間は背伸びしたい生き物であるし、若者であればなおさらです。意識高く周囲に映ってしまうのは、決しておかしなことでも冷笑の対象でもなく、むしろ健全と言えるのではないでしょうか。

ここで話して来たように、幸か不幸か僕らの生きていく時代はすごいスピードで変化をしていきます。それは、価値観も、文化も、仕事も、何もかもです。

改めて、将来の仕事は今は存在していない仕事です。周囲の雑音もあるでしょうが、自分の思ったこと、やりたいことに全力をぶつけてください。僕らの全力で未来を創っていきましょう!


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )