副業・ダブルワーク

巷で話題のクラウドソーシングって善なの? それとも悪なの?

先日、クラウドソーシング事業を手掛ける国内大手の株式会社クラウドワークスが、四半期決算を発表しました。

それ以後、様々な所で議論が巻き起こっていますが、注目されている内容は「約80万人の登録者に対して、月収が20万円を超える人はわずか100名強」というもの。

このデータから読み取れるものは何なのでしょうか。クラウドワークスは善なのでしょうか、はたまた悪なのでしょうか。

この記事を読む

クラウドワーカーは食べていけない?

先日、クラウドワークスが発表した「2016年9月期 第1四半期決算説明資料」によると、登録数は80万人にのぼる一方で、月額20万円以上稼ぐ人は111人とのことでした。

これを計算してみると、月収20万円以上稼いでいるのは、全体のおよそ0.014%に過ぎないという結果になります。

同社の提供するクラウドソーシングサービスは、個人の仕事の受け口を増やす可能性のあるサービスとして期待されています。

企業に所属することとは異なる働き方として、ユーザー数は伸びているものの、あくまで副業やダブルワークという立ち位置であり、クラウドソーシングの仕事だけで食べていけるまでには至っていないという現状が浮き彫りになった格好です。


クラウドソーシングには価値がないのか

クラウドソーシングは、仕事を任せたい側と受けたい個人をマッチングさせるサービスです。

非正規社員が増え続ける中で、個人で仕事を受ける間口が広がり、そこでの仕事ぶりを正当に評価するシステムの中で、実績や信用を積むことができる社会貢献度の高いビジネスだと思います。

しかしながら、前述した数字は理想と現実が大きく乖離しており、皮肉にも「正社員がやはりベスト」という声がネットを中心に上がり始めているのです。


諸事情のある個人に増えた選択肢

一方で、ポジティブな意見も見受けます。

クラウドソーシングの特性は、本来フルタイムで働くことが難しかった人が、空いた時間を活用して、収入を得ることが可能になるということです。

つまり、在宅で仕事をしなければならない人に、自力で稼ぐ選択肢が増えたことを評価する声もあるのです。

育児や介護に携わっているため、フルタイムで働くことが難しい個人の立場に立って考えると、副業やダブルワークとして非常に良いサービスであるという意見も確かに一理あると思います。


まだ始まったばかり

現在のクラウドワークスの実績値だけみれば、個人が仕事をして生計を立てていくことは難しいという現状は、その通りと言えるかもしれません。

「クラウドソーシングで働き方革命をするのは無理だ」とか「クラウドソーシングは個人から搾取する仕組みだ」など、ネガティブな意見もあるでしょう。

ただし、現実は厳しいという側面はありつつも、個人に一つ働き方の選択肢が増えたことは大きな意味を持つのではないでしょうか。

まだ、出来て新しい市場ですから、様々な意見が交わりながら、これからクラウドソーシングが発展していけば良いですね。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )