最新トピック・コラム 他

ほんの小さな「遊び心」が人生を豊かにするんだよ。

「仕事とプライベートは全くの別物」と割り切って働くことに疑問を抱く人たちが増えているように感じます。

従来と比べて、今目指されているワーク・ライフ・バランスはどんな特徴があるのでしょうか。

この記事を読む

ライフとワークは別物?

ワーク・ライフ・バランスなどという言葉が叫ばれていること自体、そのバランスが大きく偏ってしまっている現状の生活を如実に表しています。

仕事とプライベートを全く区別せず過ごしている人は、現代にどれほどいるのでしょうか。

本来、ワークスタイルはライフスタイルがあって成り立つものです。しかしながら、現代人を見ているとその2つが逆になっていたり、ワークスタイルとライフスタイルは別物という認識をしている人が極めて多いような印象を受けます。

代表的なのが、仕事が終わって帰宅したら「やっとのことで苦痛から解放されたー!!」といったようなリアクションをする人。働き方と私生活を区別していない人からすると、このリアクションは奇妙に見えます。


遊ぼう!

その大きな原因は、「遊び心」が足りないからだと個人的には思います。

そもそも僕らは楽しいことをしている時には死にたいなんて思わないし、反対に辛くて疲れて苦しい時に死んでしまう人は事実多い。

そう、つまり僕らの人生に「遊び」という要素は欠かせないもので、「遊び心」抜きには自分たちのライフスタイルも、その中にあるワークスタイルも本来は存在するはずは無いんです。

言い換えると、仕事をする時には「真面目に横目も振らず、遊びなんてもってのほか」というのは、人間の本来持っている感情や習性を大きくねじ曲げている可能性があります。


ほんの小さな「遊び心」が人生を豊かにする

仕事やプライベート問わず、「遊び」の中で学び、それが活きることは沢山あります。

目一杯遊んで、徹底的に楽しんで、自分自身の価値観や知識、そして経験を培っていく。

ライフスタイルとワークスタイルというのは別物ではなく、境目無く繋がり合いながら自分をつくりあげていくものだと思います。


仕事もプライベートも人生を創る1つのパーツ

仕事が辛くて辞めたい人も仕事がつまらなくて嫌気がさしている人も、そしてやりたいことが出来ていなかったり見つかっていなかったりする人も、遊びませんか?

もちろん、物理的に仕事を辞めて遊ぶという選択肢もあるでしょう。

または、仕事のやり方を変えて、遊び心を織り交ぜてみるという可能性もあるはずです。

仕事もプライベートも、自分の人生を豊かにするための一部に過ぎません。豊かにするための仕事であり、プライベートであれば、遊び心を取り入れた方が楽しく、自然ではないでしょうか。

そんな遊んでいるあなたにこそ価値がある、そう思えるとワークもライフも豊かなものになると思いませんか。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )