最新トピック・コラム 他

ゆとり世代の大切にしているものは「安定」なのか?

今の若者は「ゆとり世代」だとか「さとり世代」だとか言われます。

実際に、以前の若者に比べて「物欲が低い」、「恋人を求めない」など色々と言われる世代ではありますが、それ程までに世の中の人たちから見たときに目新しい価値観なのでしょう。

そこで、今回は株式会社マーシュが実施した世代ごとの価値観に関する調査から、今の若者が仕事で大切にしている価値観を紐解いていきましょう。

この記事を読む

ゆとり世代が大切にしているもの

まず、この調査で分かった、ゆとり世代が「現在生活の中で大切にしているもの」の上位がこちら。

1位:安定(65%)
2位:自由(60%)
3位:ゆとり(58.8%)
4位:収入(56.3%)
5位:仲間、協調(40%)

ゆとり世代の中でも、未婚は「自由」を大切にし、既婚は「安定」と「収入」を大切にする傾向がみられました。

「安定」や「自由」、そして「ゆとり」など、ゆとり世代を代表するキーワードがずらりと並ぶ結果となりました。


ゆとり世代が大切だと思っていないもの

反対に、「現在生活の中で大切にしているもの」の中で順位が低かったものがこちら。

1位:専門性(5%)
2位:主張(7.5%)
3位:創造(10%)
4位:貢献(12.5%)
5位:分相応(15%)

「主張」や「貢献」といった言葉は、若者に足りないとよく耳にするような気がします。

一方で、専門性が一番優先順位が低いというのは、意外な結果だとも感じました。


ゆとり世代の特徴

家族や結婚について、ゆとり世代は未既婚問わず「経済的に家庭を養うのは男性の役割だ」「女性は家庭に入るべきだ」が、他の世代と比べて高いという結果になっています。

他にも仕事に対する価値観として、「 仕事よりもプライベートを充実させたい 」「家族の生活費のために仕事をする」「仕事は先輩から教えてもらうことは当たり前だ」「仕事は先輩の背中をみて覚えるものだ」が他の世代よりも高い傾向がありました 。

この結果を見て々色々な議論が起こりそうですが、世代でひとくくりにしても1人ひとり特徴は異なりますし、ゆとり世代以上にその特徴が当てはまる大人もいるでしょう。

一つの傾向値として捉えて、今の若者とのコミュニケーションに活かしてもらたらうれしいです。


調査概要

調査会社:株式会社マーシュ
調査名:世代ごとの価値観に関する調査
対象者:一都三県、1950~2004年生まれの女性
サンプル数:320
実施期間:2015年3月12日~3月17日


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )