最新トピック・コラム 他

2016年のタイプは何だ? 今年の新入社員は「ドローン型」!?

毎年恒例となっている新入社員のタイプ発表。

その時代や年代を反映した特徴的なネーミングがなされますが、今年の新入社員は「ドローン型」。

去年の「消せるボールペン型」とはひと味違った、テクノロジーを反映した新入社員の特徴とは一体どのようなものなのでしょうか。

この記事を読む

ドローン型の新入社員

公益財団法人日本生産性本部の「職業のあり方研究会」が毎年発表している、その年の新入社員の特徴別ネーミングですが、今年の新入社員はドローン型と発表されました。

このドローン型の特徴ですが、このように説明されています。

「強い風(就職活動日程や経済状況などのめまぐるしい変化)にあおられたが、なんとか自律飛行を保ち、目標地点に着地(希望の内定を確保)できた者が多かった。さらなる技術革新(スキルアップ)によって、様々な場面での貢献が期待できる。」


ドローンの特徴とは

ドローンと言えば、遠隔操作や自動制御が可能な無線航空機の総称です。

最新のテクノロジーの一つとして、近年注目を集めるドローン。

その使用用途も多岐に渡り、私用のラジコン感覚で楽しむ、荷物の配送システムとして活用する、軍事用の利用を研究するなど、様々な場面でこれから見かける機会も増えるでしょう。


例年通り、取り扱いは簡単ではない

注意点としては、こんな点に触れられています。

「使用者(上司や先輩)の操縦ミスや使用法の誤りによって、機体を傷つけてしまったり、紛失(早期離職)の恐れもある。また、多くのものは充電式なので、長時間の酷使には耐えない。夜間飛行の禁止や目視できる範囲で操縦しなければならないルールもあるため、当然のことながらルールを守った運用や一定の技量(ワークライフバランスへの配慮や適性の見極め)も要求される。」

など、ここ数年言われているワークライフバランスや会社での人間関係に求めるものなど、上の世代と比べて仕事への意識が大きく変化している点は例年と同じようです。


大きく羽ばたくためのスタート地点

さらに、今年の新入社員は、就職活動のスケジュールが大幅に変更され、企業と同じ様に学生側も就活の進め方が難しかった世代でもあります。

明日は社会人としてのスタート地点、これからの大きな成長に期待がかかります。

「東京オリンピックを迎える頃には情報収集、映像制作、警備、輸送など様々な場面で活用が見込まれる。転換期にある社会の中で、世界を広く俯瞰できるよう高く飛び立ってほしい。」

めまぐるしい変化の中で、自分のやりたいことを見つけて、それを実現する手段を身につけられるように新入社員のみなさまにはエールを送りたいですね。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )