最新トピック・コラム 他

メンタルが強い人がやらない12の法則(1/3)

歴史に名を残すような偉人は、ほぼ必ずと言っても良いほどメンタルの重要性に言及しています。

メンタル面というのは、あらゆる分野でうまく行くために重要な要素であることはみなさんの実感値としてもあるでしょうし、最近では科学的な研究も盛んになっています。

今回は海外メディアLifehackを参考に、メンタルの強い人がやることの無い事例に触れていきたいと思います。

この記事を読む

【1】自分を卑下しない

それがどんな状況であろうと、メンタルの強い人は自分を卑下したり、自分の置かれている環境を哀れんだりすることはありません。

人生には、時にうまく行かない時もあることを理解し、自らの手で状況を打開する姿勢を大切にしています。


【2】他人にコントロールされない

自分のことは自分で決めること。メンタルの強い人は、他人にコントロールされることを避けます。

例えば、「会社の上司のせいで気分が悪い」などと口に出してしまった際には、その上司に自分の感情をコントロールされてしまっていることになります。

自分自身が決断を下す重要性を、彼らは理解しています。


【3】変化やリスクを恐れない

積極的に変わることを受け入れ、それに順応しようとチャレンジします。

変化することは避けられないことであり、自分たちがその変化に適応できるだろうことを信じているのです。

また、その際リスクを負うことも厭いません。ただし、そのリスクに見合う価値のあることかどうかについてはしっかりと考え、決して無謀や無茶なリスクを取ることはありません。


【4】自分がコントロールできないことは気にしない

空港での荷物紛失(ロストバゲージ)や交通渋滞に文句を言ったりはしません。

メンタルの強い人は、自分自身がコントロールできるのは自分だけであることを理解しており、他のことに無駄な労力を使うより、自分の人生を豊かにすることに心血を注ぎます。

次回の記事「メンタルが強い人がやらない12の法則(2/3)」はこちら。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )