最新トピック・コラム 他

女性・主婦のキャリア

育休・産休後、仕事にどうやって復帰すれば良いかまでサポートしてくれる企業って温かい。

結婚や出産、そして子育てとライフステージの変わる女性が仕事も両立しようとなると相当に大変です。

そんな女性をサポートするために、育休・産休といった制度を各企業が整備していますが、休暇から復帰する女性の不安や戸惑いなどを軽減できるような一歩進んだサポートを取り入れる企業も出てきています。

休暇制度を導入することがサポートではなく、制度も含めた多面的なフォローアップの出来る企業が増えてくると良いですね。

この記事を読む

産休・育休制度の普及

産休・育休といった制度を用意する企業数は、ここ数年で大幅に伸びてきている印象があり、それらの制度があることはある程度「一般的」であるという世の中になってきました。

そんな中で、最近になってさらに一歩踏み込んで、産休・育休をどのように取得して、どのように復帰すれば良いかなどをサポートするという取り組みを行う企業が注目されてきました。

結婚や出産後も働き続ける女性が増えてきている今、産休・育休から復帰後の女性を「いかに支障無く迎え入れることができるか」については今日の大きな企業テーマの一つになっています。


ヤフー株式会社の事例

5000人を超える従業員を抱えるヤフー株式会社は、ライフステージが変わる女性のサポートに力を入れている企業の一つです。

先日も育休中の社員が、育休経験者に今後のキャリアなどについて相談できる「育児休業者座談会」を開催しました。その目的は、「育児に関する不安の解消」や「子育てと仕事の両立」「今後のキャリア」などについて情報を共有し、考える機会を持つこと。

同社では、社員のうち約3割にあたる1728人が子どもを持つ「パパママ社員」だと言います。

産休・育休、そして時短時差勤務者は増え続けており、2014年には343人 が制度を利用したとのことです。(このうち男性は36人で、育児休業からの復職率は約95%を誇ります)


休暇から復帰の女性をサポート

他にも育児支援施策として、「子どもが小学校を卒業するまで時短勤務を利用できる」や「子どもの看護休暇を法定以上取得できる」など子育てをするパパママ社員への会社からのサポートは尽きません。

制度だけ整備している会社は増えるものの、その活用まで会社がサポートしているとなると途端にその数が少なくなってしまうのが現状でしょう。

しかしながら、同社では結婚・出産後も働く先輩社員の話を聞く「Yahoo!ウーマンプロジェクト(キャリアセミナー)」や社員同士でのコミュニケーションを促す「パパママサポーター制度」、「パパママカフェ」など様々な施策を行っています。


一歩先のフォローへ

産休・育休前後は慣れない手続きに戸惑うパパママは多いようです。

これからの「子供がいる社員に優しい会社」という評価を得るには、産休・育休などの制度を用意するだけでは不十分と言えるでしょう。

社員が制度を利用するために、制度に対するわかりやすい説明や会社からのフォローアップも必要な時代になってきているのかもしれません。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

朝の満員電車が嫌な人に朗報! 必ず座れる通勤電車が登場!?

NEXT TOPIC

「忘年会と言えば夜」はもう古い? 朝や昼に忘年会を行う企業が増加中!?

あなたへのオススメ記事

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

女性・主婦のキャリア

《働くママシリーズ5》働くママも「副業」するのが当たり前の時代到来⁈

女性・主婦のキャリア / 副業・ダブルワーク / パラレルキャリア / 2017.03.30.Thu

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

女性・主婦のキャリア

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

今後のキャリアに必要なセルフ・マネジメントとは!?

最新トピック・コラム 他 / パラレルキャリア / ノマド・フリーランス / 2015.12.28.Mon

最新トピック・コラム 他

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )