画像引用元: https://picjumbo.com/

女性・主婦のキャリア

ノマド・フリーランス

働くことを楽しむ人生だけじゃ、どうして世間は認めてくれないのだろう。

30代女性って、微妙な年頃です。

物理的に出産のタイムリミットがある時期と、仕事がやっと楽しくなる時期が重なる。

どっちも両立させたい!やればできるさ!と世間は言いますが、正直どっちもって無理。やればできるような気がしない。

女性、そんなに頑張らなきゃダメ?

なんでも計画的にテキパキこなすよりは、行き当たりバッタリで成り行きを楽しみたい私は、
色んな疑問や迷いがあります。

こんな悩みを持って働いてる女性が周りにとっても多い。働くことを楽しむ人生だけじゃ、どうして世間は認めてくれないのだろう。

この記事を読む

一人でいた方が働きやすい。これって甘えなのかな。

画像引用元: https://picjumbo.com/

30代半ばで独身でいると、「子供がいない君たちにはわからないだろうけど…」的な無意識なシングルハラスメント枕詞をよく使われます。これは男女問わず、既婚子持ちの方から、だいたい向けられる意識・言葉です。

私は仕事は好きだし、働いたお金で趣味を楽しんだり、なんとか家賃払ったりしてバランスを保ちながら生活しておりますし、今の生活に結構満足してます。

誰もが決まって結婚したいわけじゃないし、子どもが産みたいわけじゃないのに、結婚・出産してないと「なんかあの人ダメな感じ」と受け取られるのが非常にめんどくさいです。

「ひどい…」と傷ついた時もありましたが、20代後半から、家族親戚先輩上司友人知人…諸々、
色んな人に言われ続けると慣れるもんで、最近は「そのうち〜!」と元気よく返事ができるようになりました。

一人の方が仕事の幅が広がったり、遠くへ行けたり、身軽で等身大なのが今は気持ちいい。私の人生は私の物です。この考え、世間的には甘えなんでしょうか。


正直、今の生活がなくなるのが怖い。

画像引用元: http://www.gratisography.com/

自分は女性として生まれたので、たぶん子供とかいつか産むのかなーとぼんやり考えながら生きてきましたが、最近「高齢出産のリスク VS 女性の活躍 VS 少子高齢化」についての情報が錯そうしてる中、益々悩ましく、苦しい気持ちになります。

「女性は早く子供産んで人口を増やしなさい」「そして働いて利益をあげて税金を払いなさい」、「でも税金で介護とか全部賄えないから、親の介護もしなさい」と、なんだかものすっごい矛盾の中で重圧がのしかかってきてるように感じるんです。

考えただけでも気が重くなります。もちろん、女性だけにのしかかる重圧というよりは、30代以降のみんなの悩みなんだと思うのですが。

社会生活をしている一人として、女性として、出産は世間からも求められているのは分かるし、
産んで幸せになれそうだったらぜひともチャレンジしたい気持ちはあるのだけど…。

今は税金収めるくらいしか国に貢献できてないけど、それだけでも精一杯だよ…。というのが本音です。


キャリアプランとライフプランのアンバランスも悩ましい。

画像引用元: http://www.gratisography.com/

平均初出産年齢が2014年調べで30.4歳、東京都だけ見ると31.6歳。(厚生労働省調べ)

産休明けにちゃんと正社員で職場復帰した人の割合は、ちょっと古いデータしか入手できなかったのですが、大企業37.5%、中小企業26.7%らしいです。(三菱UFJリサーチコンサルティング(株)「働きやすい職場環境に関する調査(2008、12)」)

で、一番妊娠に適した年齢が22歳〜25歳と言われ、妊娠出産のリスクが高い。いわゆる高齢出産とされる年齢は35歳〜42歳。

首都圏中心の話になってしまいますが、新卒入社だと大体22、23歳で働き始めますから、仕事を覚えて自分の裁量で回せるようになるのは27歳〜28歳くらいが相場です。多分、仕事が一番楽しい時期なんじゃなかなと思います。

そんな風に頑張ってキャリアを積んだ30代でめでたく結婚や出産しても、半数以上が職場復帰できてない。職場復帰したくてもできなかったのか、そもそも退職してしまったのか、実態調査を望みますが、やっぱり現実は厳しい。


自分のちからで進む彼女達の選択

画像引用元: http://www.gratisography.com/

一方、周りのフリーランスの女性は、乳飲み子を抱えながらマイペースだけどバリバリ仕事していたりするのです。ステイタスとか世間の目とか安定とか、会社員である事を捨て、自分の身一つで道を切り開いた結果、自分のできる範囲で自分の望む仕事をしています。

とはいえ、彼女達も結構、高齢出産だったりします。フリーである程度の安定収入を得るには、実績を積む時間、安心な取引先をみつける時間が必要です。もちろん生活を共にする理解あるパートナーも。

でも、頑張って貢献した会社に退職を強いられたり、無駄な配慮で本人の能力以下の仕事を与えられて腐ったりすることはありません。

自分の事すべてに責任をもたないといけないから、想像以上に大変なんだろうけど、いろんなわだかまりを跳ね除けるくらい、強い気持ちがきっとあるんだろうな、と憧れの眼差しです。

そんな人生だったら憧れるし、そんな先輩がいることに救われたりしています。


コマイ


1981年生まれ 東京の中小企業でデザイナーをしています。 趣味は晩酌。 好きな銘柄は下町のナポレオン


PREV TOPIC

仕事で自分の価値を高めるためにはどうすれば良いのか。

NEXT TOPIC

優秀な人材と会社が「副業・ダブルワーク」に惚れる3つの理由。

あなたへのオススメ記事

女性・主婦のキャリア

ノマド・フリーランス

企業は思い切って「ノマドワーカー」を採用してみると良い!?

リモート・テレワーク / ノマド・フリーランス / 2016.02.08.Mon

ノマド・フリーランス

ノマド・フリーランス

ノマド・フリーランス

温泉を通じた石川県加賀市の地方移住プロジェクト「都会脱出作戦」がスタート!

リモート・テレワーク / ノマド・フリーランス / 2018.01.09.Tue

女性・主婦のキャリア

キャリアは自分で作る!「1日で資格取得」であなたのキャリアをデザインする

女性・主婦のキャリア / 副業・ダブルワーク / パラレルキャリア / 2017.05.29.Mon

ノマド・フリーランス

「開業届」は出すべき?フリーランスで働く時、気になる開業届について

最新トピック・コラム 他 / ノマド・フリーランス / 2017.07.14.Fri

ノマド・フリーランス

女性・主婦のキャリア

女性・主婦のキャリア

都民ファーストの会が取り組む「働き方改革」とは

最新トピック・コラム 他 / 女性・主婦のキャリア / リモート・テレワーク / 2017.07.11.Tue

ノマド・フリーランス

プロダクトをPRする際に、魅力を加える「スペース」の価値【3/3】

リモート・テレワーク / 副業・ダブルワーク / ノマド・フリーランス / 2018.01.25.Thu

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )