最新トピック・コラム 他

柔軟なワークスタイルの注意点! 広がる自由な働き方に必要な「備え」とは!?

最近、新しい働き方を取り入れる会社が増えてきている。

副業・兼業や在宅勤務、リモートワークに時短勤務OKなど、これまで以上に自由な働き方が実現できる環境が身近になってきた。

働く個人としては自由なワークスタイルが増えること自体、大変ありがたいことであるものの、自由が増えることに両手放しで喜べるだけではない注意点もあると思う。

この記事を読む

広がる自由な働き方

先述したように柔軟な働き方が普及しているが、この状況は十数年前には考えられないことだった。

終身雇用や高度経済成長などの時代背景もあっただろうが、会社員など働く個人は会社への忠誠を強く求められ、滅私奉公が美徳とされていたと言っても過言ではなかった。

けれども現在では、所属する会社の仕事(本業が多いだろうが)で結果を出してくれれば、会社は余計なことを言わないという傾向が強くなっている。そしてその結果、自由で柔軟なワークスタイルが広がってきているのだ。


結婚した後に浮気しても良いという働き方

一昔前は、一度会社に就職したら、まるで結婚のように一生涯ともに人生を歩んで行くのが一般的だった。

その時代の人たちからみれば、自由な働き方が広まる現代は、まるで結婚した後に浮気が認められているように感じるのかもしれない。

上記はあくまで例えだが、それほどまでに従来の企業と社員の関係性は変わってきていることは事実だろう。


企業と個人のパワーバランスが逆転

その変化をシンプルに言えば、雇用する側(企業)よりも雇われる側(社員)の方が優位になったということだ。

そのパワーバランスの逆転によって、働く側は自由なワークスタイルを勝ち得た一方で、会社に対して「明確な成果」を出すことが今まで以上に求められて行くはずだ。

会社が社員を養ってあげていたかつての時代には考えられなかった、両者の対等な関係は、お互いに「価値」を提供しなければならない時代の幕開けを意味しているのではないだろうか。


個人の自由が増えることは、個人の責任も増えるということ

自由な働き方をする以上、会社が管理してくれることは少なくなり、個人がセルフマネジメントをして自立することが求められる。

そして、出社して長時間働くという「目で見て分かる評価指標」が減っていく中で、代わりに「成果」という絶対的な評価指標の比重は増えていくだろう。

いずれにせよ会社が社員を守る時代から、個人が自分自身に責任を持つ時代へと急速にシフトしている。

会社が自由な働き方を認めて「制限」を緩めるということは、同時に会社からの「保証」や「義務」も無くなっていくことは理解しておいた方が良いのではないだろうか。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

たぶん会う事もない人に支えられている日常は、奇跡かもしれない

NEXT TOPIC

カラオケの個室で快適に仕事ができる! 東急電鉄の新しい働き方支援事業「NewWork」って何だ!?

あなたへのオススメ記事

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

あなたが変われば企業が変わる。パーソナルAIで働き方改革

最新トピック・コラム 他 / 2017.11.16.Thu

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

人工知能が記事を書く?AIライターがついに現実に登場!?

最新トピック・コラム 他 / 2017.01.30.Mon

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

「新しい勤勉(KINBEN)宣言」発表!

最新トピック・コラム 他 / 2015.09.17.Thu

最新トピック・コラム 他

Timebank(タイムバンク)リリース!個人の時間価値は「視える」時代に!

最新トピック・コラム 他 / ノマド・フリーランス / 2017.09.13.Wed

最新トピック・コラム 他

「あしたの働き方改革シンポジウム2018in台湾」開催

最新トピック・コラム 他 / 2017.12.25.Mon

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )