最新トピック・コラム 他

会社の在り方が変わる! 将来、僕らは会社にお金を「払う」ようになる!?

会社の在り方については、いつの時代も議論が尽きない。

会社の存在意義や社会に対する役割について、様々な意見が交わされるのは何も珍しいことではない。

経済変化の激しい現代において、これからの会社のカタチは大きく変わって行くのではないかと考えている。

この記事を読む

環境は大きく変化している

現代は、かつてとは経済環境が大分異なると言われている。

日本はだいぶ前から成熟市場となり、少子高齢化による労働人口減少によって成長鈍化のフェーズに入ってるからだ。

国内だけではない。インターネットを通じて、世界はとても近い存在となり、グローバルにサービスを提供する会社が出てきた。

仕事をする上でも国境の意味は薄まり、時間や場所にとらわれない働き方も模索されている。


会社が求められる役割も変化していく

国内で言えば、かつての高度経済成長期のように滅私奉公、会社のために寸暇を惜しんで働くことが美徳であるという感覚を持った人々が次々に引退を迎え始めている。

多くの人が仕事第一のライフスタイルに縛られることに疑問を持ち始め、ノマドやリモートワークなどワークスタイルも多様化の扉を開けつつある。

外部環境の変化、そして働き方が変化する現在においては、会社の在り方も大きな転換点にいるのではないだろうか。

物資が足りず、生きるために働かなければならない過去に求められた会社の役割は、物資に溢れ、最低限の生活を保障するセーフティネットが整備された現代のそれとは当然大きく異なる。


会社はお金稼ぎの場所では無くなるかもしれない

もちろん、過去も現在も未来においても企業は競争をしながら、社会に影響を与えていく存在には変わりないと思う。

けれども、先に述べた現状を踏まえると、今後より会社に求められるものは「自己実現が出来る場」だと思う。

自分のやってみたいことが出来る。そのためのサポート環境や資金がある。刺激を貰える同志、仲間がいる。

これらが会社の価値の中心になっていくのだと予測できる。


自らの興味や学びのために会社にお金を払う時代

そうなった場合、もはや会社はそこで働く人に必ずしも報酬を「払う」必要は無いのかもしれない。

やりたいことがある人が、それが実現可能な会社を選び、目標に向けて資金や費用を自ら「払い」ながら活動する。そんな形の会社も増えて行くのではないだろうか。

それはまるで、学校の部活のような形だ。現代で言えば、幾人かの著名人の方が立ち上げている「オンラインサロン」のようなものが近いかもしれない。

働く必要性が薄くなってきている今、会社の在り方は大きく変わっていく可能性がある。将来、僕らは会社にお金を払うようになっているかもしれないのだ。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

時代の先を走る非正規雇用者。ビジネスは映画製作のように進めていけ!?

NEXT TOPIC

国内版ワーキングホリデー制度が登場! 都会から田舎への留学!?

あなたへのオススメ記事

最新トピック・コラム 他

【No.24】採用工学のススメ ~<特別鼎談>「フリーランスのように会社員として働く」企業~

最新トピック・コラム 他 / ノマド・フリーランス / 2017.03.19.Sun

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

月曜日が来るのが辛い!!そんな社会人に向けた名言集【芸術家編】

最新トピック・コラム 他 / パラレルキャリア / 2016.09.04.Sun

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )