最新トピック・コラム 他

転職回数が多くて面接が上手く行かない人必見! 転職に「戦略的意味付け」をしよう!?

転職活動をしている人にとって、書類選考や面接で意外と目を付けられるのが転職回数。

転職活動中の方のキャリア相談をしていると、多くの人がこの問題に悩まされていることに気付きます。

そこで今回は、「転職回数が多い」ことに悩んでいる人に向けて、その解決策を考えていきましょう。

この記事を読む

転職回数の多さはハンディキャップ?

そもそも転職回数が多い人は、転職活動に不利なのでしょうか。

これまでの経験上言わせてもらうと、一般的にその答えはYesとなるでしょう。転職回数が多いと、いわゆるジョブホッパー(短期間での転職を繰り返す人)と企業側から認識されてしまいます。

そうなると、多額の費用をかけてせっかく採用しても、すぐに離職してしまうのではないかという不安感を企業は抱えてしまい、「リスクを回避しよう」ということでお見送りになるケースが多いのです。


「転職理由=人間関係」ではダメ

応募書類に転職理由を記載する必要があったり、面接ではかなりの高確率で転職理由をつっこまれたりするので、そこでどのように相手に伝わるかは極めて重要です。

よくあるNGなケースとしては「職場の人間関係の悪化」を理由として話す場合。これは多くの場合、面接官に納得をしてもらえません。

人間関係が原因で何度も転職をする人は、その方のコミュニケーションに難があるか。相当運が無いかのいずれかです。どちらにせよ企業にとってプラスではないでしょう。


真正面から転職回数と理由を話した方が良い

つまり、転職回数は「言い方を上手くすればOK」という表面的な小細工で何とかなるような簡単なものではなりません。数多く転職してきた自分の歴史に戦略的な意味付けを与えましょう。

転職してきた回数が多いこと自体は変更できません。その数は受け入れ企業からしたら「(ネガティブな視点も含めて)どういう人なんだろう?」と気になりますし、自分が面接官の立場でもその部分を質問するでしょう。

だからこそ、転職回数について質問された時に曖昧にはぐらかしたりするのは得策ではありません。


理由に一貫性があれば、印象は悪くない

読者のみなさんに実践して欲しいのは、転職の理由に「一貫性」を持たせて欲しいということ。

何度も転職を重ねて来たが、そこには自分の大切な価値観や軸があったからだ、と。それがきちんと相手に伝わって、「それは仕方ないね。その問題は、ウチなら大丈夫そうだね。」と相手が受け入れてくれれば転職回数が大きなハンディキャップになることはありません。

転職回数の多い人ほど、その理由に一貫したストーリーがあるかどうか考えてみてください。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

仕事が遅い。早く帰りたい。そんな人は今日から出来るシンプルな業務改善にトライ!?

NEXT TOPIC

新しい潮流のパラレルキャリアに乗り遅れるな! いくつも仕事に挑戦しよう!?

あなたへのオススメ記事

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

会社の中で無力感を感じるのなら。

最新トピック・コラム 他 / 2016.01.13.Wed

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

仕事がはかどるBOOK CAFE(ブックカフェ)8店!!【前編】

最新トピック・コラム 他 / 2016.03.12.Sat

最新トピック・コラム 他

NPO法人フローレンスに学ぶ「働き方の価値」!?

最新トピック・コラム 他 / ノマド・フリーランス / 2015.12.18.Fri

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

タモリさんの語る仕事論に感嘆の嵐!

最新トピック・コラム 他 / 2015.08.08.Sat

最新トピック・コラム 他

日本とは全然違う? 国別に見る世界の働き方4選!

最新トピック・コラム 他 / 2015.12.08.Tue

最新トピック・コラム 他

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )