最新トピック・コラム 他

面接NGが多い人必見! 「これを伝えてはダメ」な転職理由の参考例!?

転職活動を成功させるために最も重要な試練は何でしょうか。

それは面接である、と答える人は多いのではないでしょうか。

書類選考は通るものの、いつも面接で落ちてしまうという方。実はあなたが面接時に話している「転職理由」がネックになっているかもしれませんよ。

そこで今回は、面接時に伝えるのは気をつけておきたいナイーブな転職理由をピックアップしてみました。

この記事を読む

人間関係が悪かった

企業から最もNGをもらってしまうケースが多い理由がこちら。基本的にはこの理由で高評価を得られることは極めて稀だと思っておいた方が良いでしょう。

転職者側からすれば、働く中で感じたストレスなどもっともな理由はあるものの、短時間の面接で初対面の面接官にきちんと理解してもらい、納得・共感まで至ることは無理難題です。

その人間関係のトラブルはその場にいない第三者からすればどちらに非があるか判断がつきません。さらに、転職したとしても同じ理由でストレスを感じる、最悪の場合また転職につながるなど面接官からしたら敬遠する要因だらけの理由です。


自分の主張が通らない

これも面接官に嫌われることの多い転職理由です。

自分自身がやりたいと思った仕事ができない、上司に改善提案をしても受け入れられない等々。

自分の意志があってそれを主張できるのは素晴らしいことですが、その主張が受け入れられるかどうかは主張の内容以外にも、組織の中での自身の実績や周囲の評価なども大いに影響します。

この理由を伝える場合は、今一度「自分よがりの理由になってしまってはいないか」と振り返ってみることをオススメします。


会社の経営方針が不安

誰しも所属する会社の経営は安定していて欲しいものですが、トップの求心力が無かったり、業績不振になって将来性に不信感を持ったという転職理由もあります。

話の筋がしっかりしていれば面接官からも理解してもらえる転職理由ですが、落とし穴もあるので気をつけましょう。

それは、あなた自身がどんな行動をとったのか、ということです。役職が上の立場であればあるほど「経営方針に対してどのような提言をしたのか」や「業績不振を脱するためにどのような取り組みをしたのか」というあなたのアプローチまで突っ込まれる可能性は高いはず。


理解・共感・安心してもらえる伝え方を意識しよう

ここで挙げたように転職理由は色々とありますが、転職を考えるキッカケには常に不平・不満・不安が伴います。

ですから、必ずしも前向きな転職理由である必要は無いのです。ただし、注意しなければならないのは、マイナスな感情による転職理由においても「あなた自身の価値」を面接官に伝える事。

逆境でもめげずに現状を打開しようと出来る人なのか。嫌なことがあったらすぐに逃げ出すような信頼できない人ではないのか。きちんと成果を出せるのか。

一般的には疑ってかかって来る面接官を少しでも安心させて、自身を信じてもらえるように十分配慮して転職理由を説明してあげた方が良いでしょう。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )