ノマド・フリーランス

StarbucksのフリーWi-Fiがワンタップ認証に!益々カフェがオフィス化してくる!?

ノマドワーカーやフリーランスの特権の一つは、場所を選ばずに仕事ができること。

特定のオフィスに縛られることなく、自宅やコワーキングスペース、カフェなどで気分転換をしながら業務を進めることができます。

特にPCを利用するような業務であれば、その生命線はインターネット環境です。快適なネット環境があらゆる場所で普及していけば、ノマドワーカーやフリーランスももっと増えて行くでしょう。

この記事を読む

Starbucks Coffee Japanの無料Wi-Fi

先日、大手コーヒーショップチェーンのスターバックスが店舗の無料Wi-Fi環境を改善したことを発表しました。

スターバックス各店舗で提供しているフリーWi-Fi「at_STARBUCKS_Wi2」を利用する際に、これまではメールアドレス登録やSNS認証が必要であったものが、利用規約にチェックをいれるだけで利用可能になりました。

このワンタップ認証が導入されたことは、これまで面倒に感じてフリーWi-Fiを使ってこなかった人たちからも好評を得ているようです。


カフェでの業務がより快適に

このスターバックスの取り組みは、ノマドワーカーやフリーランスなどの業務を快適にするための行為かどうかは分かりませんが、少なくとも彼らの集客にはプラスにつながるでしょう。

実際、場所を移動しながら仕事をしていると、ポケットWi-Fiやスマートフォンのテザリング機能を活用しながらインターネット環境を確保する必要に迫られます。

けれども、電池切れの恐れや長時間使用ということを考慮すると、便利に使えるフリーWi-Fiが整備されることは大歓迎です。


セキュリティや接続スピードが改善すればオフィスと遜色無い

また、無料かつワンステップで使えるメリットの一方で、フリーWi-Fiには不便な面もあります。

それはセキュリティが脆弱である可能性と接続スピードがどうしても遅くなってしまう点です。今後、これらの点がより改善されるとノマドワーカーには嬉しい部分でしょう。

ノマドワーカーやフリーランスのように場所を選ばずに仕事をする人は益々増えていうことは間違いないでしょうから、期待したい所です。


場所を提供するビジネスはオフィスを代替する

また今回のニュース以外にも、東急電鉄と提携してカラオケ店「パセラ」が提供するシェアオフィスなどもあります。

コワーキングスペースやカフェ、はたまたカラオケボックスや飲食店など仕事場に変身するかもしれないような「場」を左右する大きな要素の一つはこのようなインターネット環境かもしれません。

いずれにせよ、スターバックスのようにオフィス外でも快適に働くことができる環境がどんどん増えていってくれると良いですね。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )