最新トピック・コラム 他

出戻り社員が急増中! 7割の企業が退職者の再雇用に前向き!?

今年も残すところ、あと一ヶ月強となりました。

一年の節目ということもあり、この季節は今の自分自身を振り返るタイミングでもありますよね。

現状の仕事や会社に満足できておらず、何かやってみたい。けれども、そんなチャンレンジをするのは怖い。

そう思う人も沢山いると思いますが、実はこんな心強いデータがあります。

この記事を読む

70%の会社が出戻り社員OK

最近「出戻り社員」が増えているのです。出戻りとは、一度会社を退職してしまったものの、一定期間を経てから元の会社に再び戻ってくること。

けれども、出戻りをしたいと思う社員がいても、多くの会社は認めてくれないだろうなとも思ってしまいます。

いえいえ、そんなことはありません。実際、エン・ジャパン社の出戻りに関する調査によると、およそ7割の会社が「一度退職した社員を再雇用したこと」があると回答しています。


安心感と期待感

再雇用を受け入れた理由は、1位の「即戦力を求めていたから」が75%、「人となりがわかっているため安心だから」が65%と続きます。

企業がこのように出戻り社員を認める理由は、そのメリットがあるからです。

人材確保が難しくなっている現在、すでに仕事スキルや人間性を知っている人であれば採用失敗するリスクが少なく安心ですよね。加えて、他の環境にいた期間で以前よりもパワーアップして帰ってきてくれるかもしれない、という期待感もあるでしょう。


戻って来れる場所があるならば、前に進める

また同調査によると、今後、出戻り社員の再雇用について前向きに考えたいとする企業は、およそ8割にも上りました。以前は一度会社を辞めた人間は「裏切り者」とする閉鎖的な会社も少なくありませんでしたが、時代はオープン化の流れです。

そう考えると、転職するにせよ、仕事以外に自分のやりたいことに挑戦するにせよ、以前よりもセーフティネットが拡充していることは「現状から一歩踏み出す」ことに対してプラスに働きます。


何かやりたいことがあれば挑戦できる

人生は一度しかないと思っていても、いまいち行動できていなかった人もいるかもしれません。

働いているうちに会社を変えてみたい、新しい世界に飛び込んでみたいと思うことは自然なことです。そして、一度離れてみて良さに気付く、再び一緒に頑張りたいと思うということも、同様におかしなことではないでしょう。

出戻り社員に対して世の中も寛容になってきている今こそ、何かやってみたいとくすぶっている人は、その一歩を踏み出してみましょう。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )