リモート・テレワーク

一度は導入したものの、在宅勤務を廃止した企業から読み解く「落とし穴」

リモートワークや在宅勤務という新しい働き方が注目を集めてきており、実際にワークスタイルとして導入する企業も増えてきました。

そんな中で、米Yahooや国内であればチームラボなど、敢えてリモートワークを禁止するような企業も出てきており、その是非については今後も議論が活発になっていくでしょう。

今回は、リモートワークを導入するも、やはりオフィス勤務が良いとしてワークスタイルを見直した企業の例を参考に、今後の在宅勤務のあるべき姿を考えていきたいと思います。

この記事を読む

在宅勤務を廃止してオフィス勤務へ

株式会社Kiiは、世界中に拠点を持ちグローバルに展開するテクノロジー企業です。IoTやモバイルアプリケーションに最適化されたバックエンドプラットフォームを提供する同社。

拠点の東京オフィスにドイツ、インドネシア、オーストラリアなど六か国のエンジニアが在籍するだけでなく、米国、スペイン、上海にもオフィスも構えるグローバル企業という特性からも、リモートワークなど遠隔業務のスタイルを取り入れやすい形態と言えます。

そんな同社は原則オフィス勤務というワークスタイルを採用しています。

遡ると、同社は以前リモートワークを導入していました。しかし、取り入れてみた結果、オフィス勤務を決定して今に至っています。

それでは、なぜ同社は「オフィス」を重視する決断をしたのでしょうか。


顔を合わせる意味

「実は当初は、リモートワークも自由に選択できるスタイルでした。ところが、各自が離れて仕事をしていると物理的な部分だけでなく、組織としてもどうしてもバラバラになってしまう。自分の作業が終われば終了。業務としてはそれでよくても、本当にいいプロダクツをつくるには十分でない。特に我々は、品質面において、開発の早い段階で適宜、検証を繰り返すことで精度を高めていくプロセスを重視している。そのためには、チームが常にそばにいる環境でないと機能しないんです」と鈴木社長は説明しています。

世界最先端のテクノロジー企業であるグーグルや米Yahooがオフィス勤務にこだわることは有名ですが、その理由はメンバーが常に顔を合わせてこそイノベーションが生まれるから。リモートワークのメリットだけではなく、そのデメリットにも注目する必要があるのでしょう。


イノベーションを起こすために

この会社の例に見てもわかるように、今現在世の中で持て栄されているリモートワークには弊害もあると言えるでしょう。

それは、「遠隔業務による進捗管理の不備やコミュニケーション不足」、そして「イノベーションが生まれづらい」という点が挙げられそうです。

そんな懸念点を払拭するための株式会社Kiiの取り組みは参考になります。リモートワークや在宅勤務はとりわけ、働く側にとっては自分の裁量を最大化できるメリットがあるワークスタイル。

この点をふまえると、オフィス勤務でも快適に働けると感じてもらえる環境をつくれば良く、必要なタイミングで柔軟にオフィス外勤務ができるスタイルを同社は実現させました。リモートワークのこのような形で取り入れることは、オフィス勤務とリモートワークの良い部分をピックアップしているように感じます。


重要なのは、在宅勤務ではなく働きやすい環境

同社では、「エンジニアは電話には一切出ない」や「雑務をしなくて良い」など一般的にはオフィス勤務時に降り掛かってくる余計な仕事を排除しています。

また、リラックスしてコミュニケーションがとれるようなスペースも設置したりと、気持ちよくオフィスで働ける環境づくりに励んでいます。

つまり同社にとっては、リモートワークは働きやすい環境づくりのための選択肢の一つになっています。普段勤務する分には十分快適なオフィスを用意し、子供の体調不良などイレギュラーな場合に柔軟に対応できるようにリモートワークを「利用できる」といった具合です。

個人能力の最大化は組織力の向上にもつながります。しかしながら、ほとんどの仕事はチームで行い、その集大成としてプロダクツができあがります。

これからリモートワークを導入したい企業や個人にとっては、一つの解となるような取り組み事例なのではないでしょうか。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )