リモート・テレワーク

テレワークと在宅勤務の違いって何?モバイルワークやリモートワークも気になる。

最近、よく話題にのぼる新しい働き方。

その中でも、オフィスに出社しないテレワークは多くの企業が導入を始めているワークスタイルです。そもそも、テレワークとは「ICT(情報通信技術)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」のこと。

けれども、このテレワークと似たような言葉が沢山あって、理解しづらいのも確かです。そこで、今回はテレワークの働き方のうち、同じような意味で使われているキーワードをいくつか解説していきたいと思います。

この記事を読む

在宅勤務

まず、日本ではいちばんおなじみの言葉がこの在宅勤務ではないでしょうか。

大辞泉(小学館出版の国語辞典)によると、「自宅にいながら会社の仕事を行う勤務形態」とのこと。

テレワークの方が「時間や場所を問わないワークスタイル」という大きな概念で、その内のひとつに自宅で仕事をする在宅勤務が位置するようなイメージですね。


モバイルワーク

次によく耳にするのが「モバイルワーク」です。

またまた大辞泉によると、「自宅や会社のオフィス以外の場所で仕事を行う勤務形態」を指すと書いてあります。

テレワークに近い概念と言えますが、より具体的に言えば、営業職など主にオフィス以外の場所で仕事をする外勤職の働き方をこのように呼ぶケースが多い印象ですね。モバイル機器を活用することで、自宅からの直行直帰や会議などの必要がある時のみオフィスに出社するような働き方です。


リモートワーク

くどいですが、大辞泉によると「テレワークに同じ」とのこと。

冒頭でテレワークの説明はしましたが、テレ(tele=離れた所)・ワーク(work=働く)の語源通り、オフィス以外の場所でPCやポータブルデバイスを駆使しながら働く方法です。

働く場所や時間の制限から解放される点において、テレワークと同義語であると覚えておきましょう。


サテライトオフィス

最後は、新しい働き方の1つとして、サテライトオフィスを用意する企業も、少数ですが、あるうようです。

サテライトオフィスは、主に都会にオフィスを構える企業が、地方や田舎など遠く離れた場所に用意したオフィスのことです。本拠点から見て、衛星(サテライト)のように存在するオフィスとの意味がありますが、これも厳密にはテレワークの一種でしょう。

このように一口に「オフィス以外での働き方」といっても、同じようで異なるワークスタイルがいくつもあるということですね。ご参考まで。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )