女性・主婦のキャリア

リモートワーク

ノマド・フリーランス

在宅ワークなら保育園は必要ない?ノマドと育児の両立とは

育児中の女性にとって「家で仕事ができる」という働き方は非常に魅力的ですよね。そして実際、在宅ワークはかなり身近になってきていて、選択肢の一つになってきています。

同時に保育園問題がでてきますが、「子どもを保育園に預けず、家で相手をしながら仕事ができるのでは」という考えを持つ方もいらっしゃいます。実際、在宅ワークならば、保育園は不要なのでしょうか。

この記事を読む

在宅ワーカーはスケジュールを自分で決められる?

在宅で仕事をしていると言えば「自分でスケジュールが決められていいわね」と言われることがありますが、それは半分間違いです。

クライアントから「これ翌日までにお願い」と急に仕事が舞い込めば、対応するのはどんな働き方も同じこと。また、締切日などがある場合も多いものです。

よって、在宅ワーク=スケジュールは自分で決められるというわけではありません。


在宅ワークのメリットは通勤時間と休憩時間、緊急時にあり

在宅ワークの魅力は、「通勤時間がない」ということ。往復1時間ほどの浮いた時間と労力を、自分のために使用することができます。

また、「自宅で仕事をする」のですから、勤務先でコーヒーブレイクをするような気分で、洗濯物を干したり畳んだり、夕飯の食材の買い出しにでかけたり、煮込み始めたり、というようなことをできてしまいます。「休憩=家事」を行えるという点は、外で働くママにとっては非常に魅力的だと思います。

そして何より、発熱や災害時に子どもを迎えに行くことは、在宅ワーカーにとっては容易いことです。子育て中のママにとって「何かあったときに子どもを保護しやすい」というのは圧倒的に在宅ワークの利点となります。


だからと言って在宅ワークしながらの育児は無理

「それだけ時間に融通が利くのであれば、育児もできるでしょう」と思う方もいるかもしれません。しかし、在宅ワークしながらできることはせいぜい「子守り」程度です。

現在の在宅ワークのほとんどは手作業ではなく頭を使ってのPC業務。また、電話やスカイプでクライアントと打ち合わせを行うこともあります。打ち合わせの最中に子どもの泣き声や、かまってかまってとやってこられては、仕事がはかどるわけがありません。


在宅ワークでも子どもを預ける環境は必須

「子育て中は在宅ワークをしたい」というママも増えています。しかし在宅で仕事をしながらの子育ては、かなり仕事に支障が出てくるということを知った上で準備に入っていただきたいと思います。

但し、時間に融通が利く分、預ける選択肢は保育園だけでなく、幼稚園も加えられる点が在宅ワークのありがたいところです。

在宅ワークだからといって遠慮することなく、きちんと子どもを預ける環境を用意しておくことが、ママも子どもも笑顔でいられる秘訣ではないでしょうか。


木月ハチ


Webライター。大好物は「二足の草鞋を履く」こと。大学在学中は編集プロダクションで修行を積んだのに「食」に憧れ外食産業へ。のちにベンチャーで業務企画や進捗管理で大企業を相手にし、大企業って面白いと今度は外資大企業のセクレタリーになるも、副業でヴィンテージ食器のネットショップを運営。現在は夫と小学生の息子と猫と都内住まい。2017年はオーガニックの草鞋も履く予定。


木月ハチの記事一覧

PREV TOPIC

2016年の働き方総決算!今年、最も多く読まれた記事Top10!

NEXT TOPIC

アナタが見ている世界は、自分が作りだした偏見の世界だ!

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4


Array ( )
Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )