最新トピック・コラム 他

2017年は休日が少ない?週末にカブる残念な祝日!?

明日から2017年の仕事がスタートするという人も多いでしょう。

けれども、カレンダーを見ると驚愕。なんと、2017年は祝日休みが極めて少ない一年になることがわかります。

これは一体、どういうことなのでしょうか。

この記事を読む

2017年は週末休みにカブる祝日が多数

そもそも、2017年の元旦は日曜日です。前日の大晦日と併せて、土日が年末年始のど真ん中とかぶってしまい、16-17年の年末年始休みが少ない企業も少なからずあるようです。

お正月休みが少なくて残念だ、と年間のスケジュールを見ていくとビックリ。土日休みに重なる祝日がいくつもあるのです。


土曜日にあたる祝日は振り替え無し

具体的に見ていくと、2017年の土曜日に重なる祝日は4つあります。

まず、2月11日の建国記念日、そして4月29日:昭和の日、9月23日:秋分の日、12月23日:天皇誕生日と続きます。

現在、一年間のうち16日間が国民の祝日と制定されています。そして、この祝日は日曜日と重なった場合には、別途振り替え休日として移すことが法律で決められていますが、残念ながら土曜日は振り替え対象になりません。重なるならば、何で日曜日ではなく、これほどまでにピンポイントで土曜日なんだと嘆くサラリーマンが多いのも納得ですね。


少ない休日に対する不満の声も

企業で働くサラリーマンの方にとって、2017年は休日数が極端に少なくなってしまっていて、SNSなどでは嘆きの声が多数挙がっているようです。

けれども、企業に所属するサラリーマンという働き方は、原則企業の決定したスケジュールで勤務する契約となっています。休日の日数が例年よりも減ってしまったと感じる気持ちはわかりますが、そういう働き方を自分自身が「選んでいる」という事実から目を反らすべきではないでしょう。


不平・不満は、今の働き方を見つめるキッカケ

所属する企業の所為で、働く日数や時間が長くなったり、ストレスがたまることだってあるでしょう。一方で、その企業のおかげで雇用を保証されたり、安定して報酬や福利厚生を享受できている面も忘れてはいけません。

良い部分もそうでない部分も、すべて自分で決断している訳ですね。2017年のスケジュールをキッカケに、自分自身の働き方を見つめ直すこともできます。もし、現状に大きな不満があるのであれば、自身のワークスタイルを変えるために、一歩を踏み出す一年にしたいですね。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )