副業・ダブルワーク

強力な差別化戦略につながるサイボウズの「複業採用」!?

副業・ダブルワーク可能な企業と聞いて、その働き方をどのように想像するでしょうか。

恐らく、「自社の仕事を本業にしつつ、空いた時間で副業しても良いよ」という印象ではないかと思います。実際に主・副があれば、あくまで主は自社の仕事であることが前提の企業は多いもの。

けれども、今回全く逆の新しい採用スタイルを取り入れる会社が出てきました。

この記事を読む

サイボウズの複業採用

先日、2017年1月17日にサイボウズ株式会社が採用に関する新しい取り組みを始めました。

その名も「複業採用」と題された新採用は、読んで字のごとく同社での仕事に「副業」として取り組み、複数の仕事を並行して行いたいという人材にメッセージを送っています。他社で勤務していたり(原則、副業可としている他社であること)、個人事業主・フリーランスであるなど同社とは別で仕事を持っている人が対象となるそうです。


自社の仕事を「副」で良いと言える気概

サイボウズ社はクラウドベースのグループウェアにおいて国内トップシェアを誇るIT企業であり、同社が目指し、取り入れている柔軟な働き方は、ワークスタイルに関心の高い人からこれまでも常に注目を集めてきました。

実は、同社はすでに2012年から副業を認めてきましたが、副という文字の意味としても「サイボウズの仕事が本業・メインで、他社での仕事が副次的(優先順位が下)」といったニュアンスが色濃く出てしまっていました。今回の複業採用を通して、その優先順位が逆の人の採用強化を打ち出すことで、名実共に「複業」を促進する企業としてPRをした形になります。


条件をあえて固定化しないオープンポジション採用

募集ポジションとしては、製品プロモーション、Webディレクター、Webアプリケーションエンジニア、セキュリティエンジニア、QA(品質保証)エンジニア、テストエンジニア等々。

東京に限らず、大阪や松山での採用の可能性もあり、在宅勤務も視野に入れた採用活動になります。雇用形態についても同社と相談の上、決定するということで、極めて柔軟な働き方という前提で選考段階から両者ですり合わせていくスタイルです。


ワークスタイルの差別化が採用戦略となる

いかがでしたでしょうか。今後は、サイボウズ社のような先進的な働き方を取り入れることが、強力な採用ブランディングとなり、差別化要因として認知されていくでしょう。

このような世の中に求められているニーズを先取ったワークスタイルをいち早く導入することは、大きなPR効果に繋がりますね。

同社の複業採用が気になる方は、ぜひこちらをチェックしてみてください。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )