最新トピック・コラム 他

飲食店が誇る最大の福利厚生はコレだ!スタッフに自店舗の無料利用制度が流行る!?

働く人が企業を選ぶ際の基準の一つが福利厚生だろう。

この福利厚生には、各種手当や資格取得サポートに保養所と幅があり、独自色の強いものも含めて、各社がバラエティ豊かなラインナップを提供している状況だ。

企業にとっては採用の魅力度を高めるため、という動機であることも多いが、採用難と言われる飲食業界でも新しい福利厚生サービスを提供している企業が注目を集めている。

この記事を読む

自社で運営する居酒屋を無料利用できる

「かざくら」や「くろきん」といった居酒屋、「ZABOU」ブランドのリラクゼーションサロン等を運営する株式会社ゲイトが、2017年1月24日より新しい福利厚生を導入した。

その内容は、「自社で運営する居酒屋を無料で利用できる」というもの。東京都内でおよそ20店舗を運営する同社は、自社で働くスタッフに対して何度でも同社の居酒屋を利用して良いという斬新な社内制度を打ち立てている。厳しい労働環境として知られる飲食店等のサービス業スタッフに対して、心身の健康とモチベーションを高めてもらうことが狙いだ。


社員割引や賄いに似た新しい取り組み

この取り組みは今後、世の中にも広がっていくのではないかと思う。飲食店と別業態では、すでに似たような制度を取り入れている所は多い。例えば、アパレルショップやメーカーであれば自社製品の社員割引制度があったり、試供品や廃棄されたプロダクトの無償提供制度があったりする。

また、飲食店においても、従来から賄い(まかない)という制度があって、お店で出すメニューの残りを活用した賄いを休憩時にスタッフが食べる、という光景は今でも良く目にするものだ。


今ある自社の資源を最大限に活用した福利厚生

今回の「自社で運営する居酒屋を無料で利用できる」制度は、その進化系とも言えよう。飲食店で働くことを希望する人は、少なからず食に興味があったり、お店での接客に興味がある場合がほとんどだろう。

そんな人たちに対して、自社の魅力をアピールする施策として居酒屋無料利用制度は適している。無料で食事を食べることができるという明確なメリットでのPRはもちろん、制度の利用でお店や自社への愛着が沸いたり、顧客の立場で分析する新たな習慣をスタッフが身につけるかもしれない。


飲食店の最大の武器は飲食店

厳しい労働環境であることが当たり前として世の中に広まってしまっている飲食業やサービス業。その中でも、働きたいという人は一定数は存在していて、いかに彼らに自社の魅力を感じてもらえるかが今後の人材確保のポイントになる。

その際に、飲食店であれば「お店」という自社資産を、そのままスタッフに利用可能にしてあげるということは、実は最も効率の良い投資なのでは無いだろうか。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

フリーランス協会発足!日本でも増えていくフリーランスのサポートへ!?

NEXT TOPIC

転職活動をスタートした初心者が気をつけておきたい、避けるべき基本的ミスとは!?

あなたへのオススメ記事

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

ついにこんなものまで!? 『ゴルフ採用』始動!

最新トピック・コラム 他 / 2017.12.02.Sat

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

日本で働く外国人労働者の意識調査

最新トピック・コラム 他 / 2017.11.30.Thu

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

企業はこんなにも進化した!最新のユニークワークスタイル制度【No.2】

最新トピック・コラム 他 / ノマド・フリーランス / 2015.12.30.Wed

最新トピック・コラム 他

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )