副業・ダブルワーク

パラレルキャリア

副業とパラレルキャリアの違いは何だ? 言葉の違いは印象の違い!?

最近、副業解禁についてメディアで取り上げられることが増えてきました。

政府が主導する働き方改革やサイボウズ社の「複業採用」など、新しいワークスタイルへの理解が急速に進んできた印象です。

一方で、パラレルキャリアという言葉を耳にすることも同様に多くなってきました。この2つのワードは何が異なるのでしょうか。

この記事を読む

副業もパラレルキャリアも「仕事を一つに絞らない」

副業・複業もパラレルキャリアも「一つの仕事にとらわれずに、他のことも同時並行で行う」という意味合いでは、同義語です。

基本的には、副業とパラレルキャリアは似ているものということですね。

その一方で、「報酬」という部分に視点を当ててみると両者の異なる部分が見えてきます。


報酬の有無が2つを分ける違い

副業は、収入を得ている本業に加えて、別途で副収入を得る・複数の収入源を持つための仕事という意味が強いものですね。

代わってパラレルキャリアは、必ずしも報酬を得ることが目的とされていないケースにも使われています。自分の趣味やボランティアへのチャレンジ、社会貢献性の高い活動など、仕事とは一線を画したプロジェクトに参加することはパラレルキャリアと捉えられることが多いようです。


報酬の無い仕事の先に副業があるのかもしれない

両者の特性の合致点・特性を理解すると、副業とパラレルキャリアは別々のものではなくて、相関関係がある概念ということがわかります。

例えば、所属する会社が副業禁止であるものの、何か新しいことにチャレンジしたいという人は、パラレルキャリアのように報酬無しで仕事をすることも一つの手段です。副業禁止の企業でも、社員のプライベートまでは管理できませんし、報酬をもらっていなければ自分がやりたいことをやって問いただされる必要もありません。

また、副業として何かを始めたくても、実績やスキルが不十分の場合、早期に収入には結びつかないことも往々にしてあります。その場合も、まずは報酬を度外視したパラレルキャリアとして、本業以外のプロジェクトに携わりつつ、実績や知名度を増やしていく中で、結果的に報酬をもらえる副業(最終的には本業になる可能性もある)に育てていくという方法もあります。


同じことをやっても言葉で印象は違う

副業、そして副業禁止にはいまだネガティブな印象と拘束力が根強く残っています。けれども、そんな時代錯誤なルールによって、現代に生きる私たちのライフスタイルが制限されてしまうのは極めてもったいないと思います。

副業とパラレルキャリア、たかが言い方の違いだけで印象が大きく変わるのであれば、その言葉を上手く活用しながらやりたいことをやってみるのがシンプルに良いのではないでしょうか。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )