パラレルキャリア

何故、今パラレルキャリアが流行るのか!?

パラレルキャリアという言葉が段々と世の中に浸透してきました。

現在の仕事のみではなく、他の仕事や非営利プロジェクトなど、同時並行的(パラレル)に進めていくという働き方、キャリアの築き方を指しています。

今、これほどまでにパラレルキャリアが流行る理由はどこにあるのでしょうか?

この記事を読む

企業が長期間にわたって社員を養えなくなった

パラレルキャリアに注目が集まった大きな要因として、日本の企業が従業員の一生を面倒見きれなくなったことが挙げられます。副業解禁の流れにも近いですが、一つの企業で一つの仕事をしていれば良いという従来のキャリア論はもはや見る影も無い時代になりました。

そんな中で本業以外にスキルを身につけるため、仕事につながるような経験を積んでおくために社外活動や本業外の仕事が注目されてきたことは事実でしょう。


新しい刺激に触れる機会が多い

加えて、自分自身の新しい可能性を探したいという想いが個々人にも強く芽生えてきたことも大きいのではないでしょうか。

インターネットやスマートフォンが普及して、今は情報に溢れた時代だと良く言われます。SNSやキュレーションメディアなどを通じて、膨大な刺激や発見をすることが出来ますよね。

結果的に、新たに興味のある分野を見つけたり、それを実現するための方法を情報収集することも手軽になってきています。気付きが多い環境下において、複数のプロジェクトに挑戦したいと想うことは自然なことかもしれません。


変化が激しく、スピーディになってきている

さらに、見落とされがちなのですが、世の中の変化が急激に早くなってきていることもパラレルキャリアの普及を後押ししていると思います。

今の世の中、流行り廃りのスピードも上がってきており、歴史ある企業が潰れてしまったり、事業も益々短命になったりしています。

今いる会社や担当している事業が数年後に無くなる可能性が増えてくればくるほど、盲目的に所属する組織のみを見るのではなく、外部に目を向ける機会が増えてきますよね。


パラレルキャリアは始まったばかりだ

このようにテクノロジーの発展や生活スタイルの変化などから、これまで以上に人々は外部と接点を持つようになり、外部に目を向けるようになっていくでしょう。

現在の時勢を考えると、パラレルキャリアの視点はまだ普及し始めたばかりで、今後はどんどん一般的なキャリア形成の考え方になっていくのではないかと感じます。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )