パラレルキャリア

パラレルキャリアの到来が示す、今の時代にマッチする働き方!?

パラレルキャリアという言葉にどのような印象をお持ちでしょうか。

本業以外にも社外で活動をしていく働き方と聞くと、ネガティブなイメージを持つ人もいるでしょう。

けれども、パラレルキャリアは今の時代にピッタリなキャリア論かもしれません。

この記事を読む

パラレルキャリアの到来

パラレルキャリアとは、会社での仕事だけではなく、社外活動など別のコミュニティでの活動も同時並行的(パラレル)に行っていくことで、キャリアを形成していこうとする考え方。

経営の神様と呼ばれるピーター・ドラッカー氏が提言した概念として、広く注目を集め始めたのはここ最近のことです。

これは世の中の環境が大きく変化してきており、それに伴い働き方も変わってきていることが要因の一つだと思います。


パラレルキャリアへの風当たりは未だに強い

パラレルキャリアは、日本の歴史ある文化風習に反すると批判を受けることがあります。

「一つの企業に滅私奉公して働くことこそ美徳」、「本業以外に副業やその他の活動をするなんて浮気者のやること」、「本業が上手くいかないから他のことに逃げているだけだ」などなど、謂れのない誹謗中傷を受けることも多いものです。

けれども、本業以外の別の仕事や活動をすることは、実はメリットも大きいことが理解され始めてきています。


「仕事 × ○○」というコラボレーション

パラレルキャリアの最大のメリットは、異なる価値観やバックグラウンドを持った人々とふれあう機会が増えることで、新しい発見や気付きのチャンスが増えること。

ですから、何も本業に加えて副業をやった方が良い、といった話ではなくて、仕事を増やすという道以外にも、社会活動や趣味を通じて、自分の接する世界を広げていければ良いのです。

「仕事 × 仕事」や「仕事 × 勉強」、「仕事 × ボランティア」などといったコミュニティを広げていくような身近なアクションもパラレルキャリアの第一歩と言えるでしょう。


個人が重要になる時代には外向きに拓けたキャリアの価値が上がる

これからの時代は、変化が激しく極めて不安定な時代です。企業の寿命は短くなり、勃興や倒産を経験するスパンもどんどん短くなっていくと思われます。一方で、個人の寿命は長くなり、生きていくためには個人レベルでその大きな変化に適応する必要があります。

自身の人生の舵取りを企業に任せておけば良かった時代は終わり、個人が自らキャリアを切り拓く重要性が増してきている現在、パラレルキャリアというのは今の時代にマッチした合理的な働き方なのではないでしょうか。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )