最新トピック・コラム 他

長時間労働が是正されて、成果重視になることは「仕事が楽になる」ことを意味するのか?

ライフ・ワーク・バランスについての世間的な関心は高まる一方です。

昨年、大手広告代理店の新卒社員の悲痛な事件が注目を集めたこともあり、心身ともに負担がかかりすぎないワークスタイルが求められています。

今後、私たちの働き方はどのように変化していくのでしょうか。

この記事を読む

長い時間働かなくても良いのではないか

政府は長時間労働の是正を目指しており、企業も働き方改革に着手し始めています。働いた時間がそのまま成果に結びつくような時代は終わり、長時間働かなくても良い、もしくは長時間働くのは悪だという風潮さえあります。

精神的にも身体的にも自分を追い込みすぎると、先の悲痛な事件のようなことも起こります。


時間ではなく、成果に紐づく生産性が重要視される

言うまでもなく、心身の健康を損なってしまうことはマイナスです。そこまで身を粉にして働いたとしても、自分にも会社にもプラスになりません。

社会全体においても、過度な長時間労働は制限される流れが加速するのは間違いありません。長時間に渡って働くことが社会的に禁止されるようになれば、求められるのは限られた時間の中で成果を出す効率的な働き方です。

仕事に費やした「時間」ではなくて、仕事の「生産性」がより重要になってくる時代にすでに突入しています。


時間から成果への移行は「楽」になることを意味するのか

けれども、ビジネスパーソンとしての武器が、過度な長時間労働への我慢や忍耐というスキルから、効率的に成果をあげていく生産性に移行していくことは、必ずしも仕事が楽になるとは限りません。

むしろ、誰の目から見ても明らかな「成果」という点で評価が決まるため、我慢しながら長時間でも仕事をする姿勢を見せることで評価を得てきた人にとっては、これまで以上にシビアな環境になると言えるでしょう。


「量」が「質」に昇華する

働き方改革やライフ・ワーク・バランスの推進自体は素晴らしいことですが、健康を損なわない前提を満たせば、やはり膨大な時間や量をこなすことで仕事はできるようになることも忘れてはいけません。

仕事の「量」が「質」に昇華するからです。仕事以外でも、勉強やスポーツでも何でも同様だと思いますが、ある程度の量をこなさない限り、周囲を納得させるような質は手に入りません。

働きやすい環境が整うことは重要なことでありながらも、成果が重要視される時代においては、仕事の絶対量が質に大きく影響するという相反する事実も覚えておきたいところでしょう。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

クールビズではなく「クールリク」!? 就活生のリクルートスーツ着用文化を変えるために!

NEXT TOPIC

17卒の新入社員は「キャラクター捕獲ゲーム型」!?

あなたへのオススメ記事

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

その仕事が好きな人と、仕事がしたい

最新トピック・コラム 他 / パラレルキャリア / ノマド・フリーランス / 2016.07.31.Sun

最新トピック・コラム 他

会社の中で無力感を感じるのなら。

最新トピック・コラム 他 / 2016.01.13.Wed

最新トピック・コラム 他

仕事がはかどるBOOK CAFE(ブックカフェ)8店!!【後編】

最新トピック・コラム 他 / 2016.03.13.Sun

最新トピック・コラム 他

日本HP社が公開した「1時間勤務」動画が賛否両論!?

最新トピック・コラム 他 / 女性・主婦のキャリア / 2017.10.25.Wed

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )