最新トピック・コラム 他

仕事とは遊びだ。不必要でムダな遊びが生活を豊かにする。

仕事とは、遊びである。

このフレーズに共感してくれる人がどこまでいるかわからないが、個人的にはそう思っている。

遊びである以上、AI(人工知能)がどれだけ発達して僕らから仕事を奪っていったとしても、僕らはまた新しい別の「仕事(= 遊び)」を見つけるだけだ。

この記事を読む

仕事は苦労をして、耐え忍ぶものなのか

日本においては、おそらく多くの人が「仕事は苦労して耐え忍ぶものである」という認識を持っているのではないだろうか。実際に仕事をする多くの社会人と話していても、そういう認識を持っている人は多い印象だ。

確かに、生きていくために最低限必要な衣食住を提供するような仕事は素晴らしいし、インフラは僕らにとって必要不可欠である。そのような仕事に従事している人へのリスペクトは欠かしてはならない。けれども、そうでない仕事、とりわけエンターテインメントや娯楽、といった位置づけにあるような仕事にも敬意を欠く事があってはならないと思うのだ。


僕らの生活は「不必要で無駄」な仕事のおかげで楽しい

生きていくために必要不可欠ではない仕事は、いくつもある。プロスポーツ選手も歌手も漫画家も映画監督もそうだ。YouTuberやゲームプランナー、パティシエやラテアートをするバリスタだって、みんなそうだ。

僕らの生活は、生きていくために必要不可欠ではない仕事で溢れているのである。生活をするための物資に溢れた日本のような豊かな社会には、特に仕事は生活をより豊かにしていく、楽しみを増やしていく要素が強く求められてくる。


エンターテインメント性の高い仕事が増えていく

結果的に、エンターテインメント性の高い仕事が現れ、職業として認知されるようになってきた。

生きていくために必要不可欠な仕事の役割が減っていき、エンターテインメント性の高い「不必要」な仕事の占める割合が今後増えていく。AIやテクノロジーはその流れを加速させている存在なのである。

その様子を見て、人工知能に仕事が奪われると言う人がいるが、それは間違いだ。時代に合わせて仕事は形を変えているだけで、よりエンターテインメント性の高いものが「仕事」として認知・成立されているだけのこと。


仕事とは遊びなのである

生きていくために必要な仕事であろうとそうでなかろうと、仕事は決して無くならないのだ。仕事とは必ずしも、忍耐を伴いながら真面目にチャレンジするものではないのである。

仕事とは「崇高な理念」に基づくものである必要もなければ、生活に不可欠ではないような仕事に価値が無い訳でもないのだ。

仕事とは、究極的には「一生終わらない遊び」なのである。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

《働くママシリーズ5》働くママも「副業」するのが当たり前の時代到来⁈

NEXT TOPIC

資生堂が始めたリバースメンター制度って何だ!?

あなたへのオススメ記事

最新トピック・コラム 他

今年は「消せるボールペン」タイプ!その特徴とは?

最新トピック・コラム 他 / 2015.07.01.Wed

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

外出先でワークスペースを検索できるアプリが登場!?

最新トピック・コラム 他 / ノマド・フリーランス / 2015.10.01.Thu

最新トピック・コラム 他

「世界一幸せな国」が伝えたい考え方

最新トピック・コラム 他 / 2015.10.22.Thu

最新トピック・コラム 他

会社に縛られるなんて時代遅れ!? これからの会社に求められる役割は「サポート」にあり!

最新トピック・コラム 他 / ノマド・フリーランス / 2015.09.24.Thu

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

メルマガ「採用工学のススメ」- 主要バックナンバー-

最新トピック・コラム 他 / 2017.09.10.Sun

最新トピック・コラム 他

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )