働き方・仕事・企業制度 他

今こそ派遣社員を選ぶべき4つの理由!?

昨年、派遣社員が労働者全体のうち4割に達したことが大きく報道されました。

かつては、自ら選ぶべきワークスタイルでもなく、その全体数も少なかった派遣社員という働き方ですが、今ではその存在感が高まってきています。

今、派遣社員が選ばれる、その4つの理由を見ていきましょう。

この記事を読む

「会社」基準でなく、「仕事」基準で働くことができる

派遣社員の大きな魅力の一つに、やりたい仕事を選べるという点が挙げられます。

自分の担当する仕事内容を決めて働くスタイルは、欧米では一般的ですが、日本においては会社の指示で担当業務は変化します。

実際、正社員でも自分の希望する業務が通らなかったり、自分の仕事は終わってもチームが終わるまでは返れなかったりと、会社基準で働くことに疲れた場合には、より魅力的に映るポイントでしょう。


面倒な人間関係から距離を置ける

前述した内容にも関係しますが、派遣社員は煩わしい人間関係に悩まされるリスクが少ない働き方です。

仕事先の会社に一生を捧げるキャリアでもなければ、担当業務外だったら明確に断る権利だってあります。

会社での飲み会や社内の身の上話など、興味の無いことに付き合う必要もありませんし、なにかトラブルがあれば派遣会社が間に入ってくれる点も心強い部分ですね。


仕事以外のことにも時間を割ける

派遣社員の働き方の大きな特徴の一つに、期限の定めがあります。

主に3ヶ月単位の一定期間ごとに契約更新のタイミングがくるので、数ヶ月仕事を頑張ったから1ヶ月ほど海外にバカンスに行こう、といった自由なライフスタイルの実現に近づきやすいんですよね。

また、出勤時間や日数にも融通が利くことが多いので、規定の業務時間が終わった後に趣味やボランティアに精を出すことだって可能です。仕事以外のことも欲張りたいという人に、実はピッタリの働き方と言えるでしょう。


ライフスタイルに合わせて働き方を選択できる

派遣社員の場合、いくつかの派遣先から仕事を選べるケースがあります。この選択の自由があるという点が、最大のメリットかもしれません。

自分のモチベーションによって、仕事やライフスタイルを変化させることが可能です。バリバリ働きたいときもあれば、育児や家事に重点を置きたいタイミングだってあるでしょう。ライフステージの変化に合わせた働き方ができることは、大きな魅力ですよね。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


Twitter:藤原ユウマ

PREV TOPIC

仕事の数は“35億”。ココジャナイ感を抱き続けるくらいならどんどん転職すればいい

NEXT TOPIC

《働くママシリーズ6》小1の壁だけじゃない!ママが戸惑う“壁”は3年続けてやってくる⁈

あなたへのオススメ記事

働き方・仕事・企業制度 他

働き方・仕事・企業制度 他

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4


Array ( )
Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )