リモートワーク

過半数のサラリーマンはオフィス外勤務をしている!? 進むテレワークの今!

リモートワークやテレワークというワードが耳慣れしてきた昨今。

必ずしも常時オフィスで働く訳ではないワークスタイルを取り入れる企業、ビジネスパーソンが増えてきている印象があります。

実際、最近の働き方調査でもその傾向が顕著に表れているようです。

この記事を読む

55%がオフィス外で働いている

100ヶ国以上でビジネスを展開する世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループの働き方調査によると、「週の半分以上は勤務先のオフィスの外で働いている」と回答する人が55%にも上ることがわかりました。

最近では、リモートワークやテレワークが普及してきている印象がありますが、実際に活用するビジネスパーソンが半数を超える結果となりました。


完全在宅勤務の人は少数

また、その中で「主として在宅勤務を行っている」と回答した人は、わずか32%に留まるなど、オフィス外での働く場所はカフェやコワーキングスペースなど自宅外も多いことが類推されます。

一週間を「在宅勤務のみ」で過ごすと回答した人はごく少数の8%であり、商談への直行や帰宅後にも仕事をするなど、オフィスや自宅など色々な働く場所を効率的に活用している実態が明らかになりました。


場所に囚われない働き方を選ぶ人が増加

少し前までは在宅勤務と言えば、自宅に引きこもって仕事をすることと乱暴に解釈されることも少なくありませんでしたが、最近では「状況に合わせて働き方を選べる」環境が少しずつ整ってきているように感じます。

新しい世代のビジネスパーソンは、長時間拘束されて仕事をするワークスタイルに嫌悪感を持ちながら、自信の業務効率・生産性をアップできるような働き方を求めています。


戦略的にテレワークを活用しよう

リモートワークやテレワークを「適度」に業務に取り入れていくことによって、無駄な移動時間やストレスのある長時間労働から解放されるチャンスが広がります。

企業にとっても、自社の競争力を維持・成長していくためにも、前時代的な根性論にもとづく長時間労働ではなく、戦略的かつ効率的なワークスタイルを取り入れるメリットは大きいのではないでしょうか。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


Twitter:藤原ユウマ

PREV TOPIC

仕事に対してモヤモヤしている人が、GWにやるべきこと

NEXT TOPIC

仕事の数は“35億”。ココジャナイ感を抱き続けるくらいならどんどん転職すればいい

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )