最新トピック・コラム 他

リモートワーク

リモートワークの敷居が高いなら「サテライトオフィス」で働くという選択を

昨今の働き方改革で「テレワーク」や「リモートワーク」という働き方が注目を浴びていますが、まだまだ敷居が高く伸び悩んでいます。

それならば、いっそ、企業の一部を地方へ移転!「サテライトオフィス」という働き方を企業で選択するのはいかがでしょうか。

この記事を読む

サテライトオフィスとは

サテライトオフィスとは、<企業の本拠地から遠く離れた場所に設置されたオフィス>のことです。

「それじゃあ、支店と同じじゃない?」と思うかもしれませんが、実はその目的がまったく違っています。

<支店>
その地域に営業をかけるための利便性を求めて構えるオフィス。

<サテライトオフィス>
通勤時や渋滞の混雑など「人的ストレス」を避け、通信設備を整えた本拠地と同等の業務ができるオフィス。

サテライトオフィスは、働く人の生活を軸に考えられた「新しい発想の働く場所」というわけですね。


リモートワークとは違う「チームワーク」重視型

自由に場所を選んで仕事をする「テレワーク」「リモートワーク」に二の足を踏む企業にとって、そのデメリットは「意思の疎通がとりにくい」「情報漏洩」「社員が仕事をしているのかわからない」などがあげられます。

しかし「サテライトオフィス」は、本拠地と同じ業務ができるように、通信設備を備え、オフィスに社員が通って仕事をするというもの。

毎日顔を合わせるので、打ち合わせや会議もしやすく、情報漏洩の問題も本拠地と同じ、そして社員が稼働しているかどうかも管理しやすいというメリットがあります。

リモートワークの働き方が個人重視主義というならば、サテライトオフィスは「チーム重視主義」といえるのです。


デメリットは「設備投資の費用」

良いことづくめのようですが、やはりデメリットも。

それは「設備投資の費用がかかる」ということです。本拠地並みの設備を要するので、「移転」レベルの費用がかかってきます。

しかし、昨今、「小規模なサテライトオフィス」を実践し、居抜きを利用、内装も自分たちで手作りするなど、経費節約しながらチーム一体感を高めている柔軟な若い企業もあります。


地方活性化や、過疎化も救う「サテライトオフィス」

現在は都心部にオフィスが集中しすぎています。そのことにより、少子化が進む日本では、地方の過疎化が急激に進み、アンバランスな状態です。

「地域や人に貢献したい」「社員を幸せにしたい」、そして「チーム重視で仕事をすすめたい」という三つの願いをかなえることができるのがサテライトオフィス。

これだけネット環境がそろってきている今、「働き方」を様々な角度から検証し実践していける企業が、今後真に生き残る企業ではないでしょうか。


木月ハチ


Webライター。大好物は「二足の草鞋を履く」こと。大学在学中は編集プロダクションで修行を積んだのに「食」に憧れ外食産業へ。のちにベンチャーで業務企画や進捗管理で大企業を相手にし、大企業って面白いと今度は外資大企業のセクレタリーになるも、副業でヴィンテージ食器のネットショップを運営。現在は夫と小学生の息子と猫と都内住まい。オーガニック料理ソムリエ。


木月ハチの記事一覧

PREV TOPIC

「テレワーク・デイ」を働くママとして疑似体験してみた。

NEXT TOPIC

女性が働きやすい環境づくりを社会一丸となってしていこう

あなたへのオススメ記事

最新トピック・コラム 他

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )