画像引用元: PAKUTASO

副業・ダブルワーク

パラレルキャリア

副業をすると本業にも良い効果がある!?

副業が世間的にどんどん広まり、色々な会社で導入されてきていますが、会社側も社員側も足踏みをしているケースも多く、まだまだ浸透しているとはいいにくい状況です。

その理由の一つに、「本業がおろそかになる」といったものがあるようですが、今回は副業の導入によるメリットについて考えていきます。

この記事を読む

副業は実質自営業である

画像引用元: pixabay

副業とは一般的に、会社に所属している従業員が、その仕事とは別の仕事をすることを指しますよね。
本業では会社に所属していて、自分が担うのは会社のやっている事業の一部のため、仕事が自動的にふってきたり、自分の担当する業務は限定的だったりするわけです。

一方、副業では勝手が異なります。組織に所属していないということは、自分が行動しなければ、仕事も収入も得られないということです。

仕事をして、収入を得るために、世の中のニーズに対して、自分ができることで価値を提供していく。これってまさに自営業なんですよね。


ビジネスの基本を広範囲で学ぶことができる

画像引用元: pixabay

自営業という表現をしましたが、要するに副業では全てを自分でやらなければいけないということです。

自分には何ができるのかを見極めることも、どんなニーズがあるのか情報収集することも、自分を売り込むことも、全て自分でやることになります。

マーケティングやプロモーション、場合によってはプレゼンテーション等、ビジネスの基本となる部分を実際に経験することになるわけですよね。


副業の経験を本業に活かせる

画像引用元: pixabay

普段会社員をしていると、当然日々の業務の中で学びがあり、成長するチャンスに溢れていることでしょう。

しかし副業では、本業とは異なることが学べたり、実際の場で自分の身をもって経験するという、普段会社員をしているだけではなかなか得られない経験をすることができます。

それによって成長ができれば、本業でもさらに活躍ができるでしょうし、副業で学んだことや経験が、本業に活きてくることもあるでしょう。


どんどん副業をしていこう

画像引用元: pixabay

このように、副業での経験は本業にも還元することができるため、会社にとっても、個人にとっても、メリットがあるものです。

副業が自営業である、といった話をしてしまうと、尻込みをしてしまう人もいるかもしれませんが、最近は色々なサービスがあり、取り組みやすいものも増えてきています。

本業がある中での副業であればリスクもあまりないですし、そこで得た経験は必ず本業にも活きてくると思います。是非副業を推進し、皆さんやっていきましょう。


大杉 功(いさお)


ブログを中心に活動するフリーランス。 新卒で入った会社で自身が鬱になった経験もあり、世の中の働き方について考えていくことに。 前職ではクラウドソーシング事業のディレクターとして、個人クリエイターと数多くの仕事を経験。 現在は既存の働き方にとらわれず、自身が様々な仕事をしながら、色んな人がそれぞれにあった働き方、生き方ができるようにと活動中。


すきたの ~好きなことで楽しく生きる~

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )