画像引用元: Pixabay

最新トピック・コラム 他

ノマド・フリーランス

「開業届」は出すべき?フリーランスで働く時、気になる開業届について

フリーランスになろう!と準備を始めると、気になるのが開業届の存在。フリーランス=個人事業主になるのだから、必ず開業届を出さなければならないと考えている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、フリーランスになると決意した時点で開業届を出している方は沢山います。しかし一方で開業届を出さないままフリーランスとして働いている人も少なくありません。

では開業届とはそもそもどんなもので、どのタイミングで提出すればよいのでしょうか?今回は開業届とは何か、また開業届を出すことによって得られるメリットはどのようなものかをご紹介したいと思います。

この記事を読む

そもそも開業届ってなんだろう?

画像引用元: Pixabay

開業届の正式名称は「個人事業の開業・廃業等届出書」と言います。呼んで字のごとく、「これから個人事業を始めます」ということを宣言し、役所に届け出るためのものです。

用紙は税務署に貰いに行くか、国税庁のHPでダウンロードすることが可能で、届け出先も税務署になります。フリーランスで働くにあたり、通常の会社員程度に稼いで生計を立てていくのであれば立派な個人事業であると考えられるので、開業届を提出する義務があります。

法律では提出期限が「事業開始から一カ月以内」と定められていますが、期限を過ぎてしまっても罰則はないので、忘れたままフリーで活躍されている方も、気が付いたらすぐに提出をしましょう。


開業届はかならず出さなければならない?

画像引用元: Pixabay

先程も述べましたが、開業届の提出は義務なので個人事業を開始する場合には必ず提出しましょう。

しかし必ずしもフリーランス=個人事業の開業という働き方が成り立つわけではありません。現在フリーランスで働いている人達の中には、開業届を出さずに働いている人も沢山います。

では開業届を出すべき人と出さなくてもいい人との線引きはどこでされるのでしょうか?

法律で厳密に規定されているわけではないので、明確にここ!と言い切るのは難しいですが、これからフリーランスとしてスタートするにあたって、独立して生計を立てていこうと考えるのであれば開業届を提出する、という認識で良いかと思います。


開業届を出すことでこんなメリットも!

画像引用元: Pixabay

開業届そのものはA4用紙1枚なので、記載にそれほど手間はかかりません。用紙をもらいに税務署に行けば、窓口で書き方を教えてもらえます。

記載内容に「職業」「屋号」「事業の概要」などがあるため、あらかじめある程度考えてから税務署へ行くことをお勧めします。「屋号や事業概要なんて仰々しくて考えるのがめんどくさいな…」「罰則もないし、提出しなくてもいいんじゃないの?」と思って提出を辞めてしまっては損!
開業届を提出すると自分自身にも沢山のメリットがあるのです。

最大のメリットは何といっても税金の優遇措置を受けることができることです。開業届を出すことで、確定申告の際に節税効果の高い青色申告で申請することができるようになるのです。いくつかの条件はありますが、青色申告を行うと所得から最大で65万円分を特別控除することができます。

さらに開業届を提出した事業については、税務署で無料で記帳指導をうけることが出来るようになります。経理業務の疑問点を解決する上で、税理士に直接記帳指導を受ける機会があるというのはとても役に立ちます。税務署から案内されたら積極的に活用しましょう。

また開業届を出すことにより屋号を名乗ることができるようになります。開業届提出時に決める屋号ですが、提出後正式に名乗ることができるようになります。屋号を名乗ることで対外的な信用も高まりますし、屋号での口座の開設も可能になるため、経理処理の面からも大きなメリットになります。


まとめ

画像引用元: Pixabay

フリーランスになるときに一度は目にする開業届という言葉。

これから会社を辞め本格的にフリーランスとして独立を決意したら、是非開業届を提出して、そのメリットを最大限活かしましょう。もし現在の仕事と並行してフリーランスを始める場合、あるいはフリーでやっていけるかまずチャレンジをしてみたいだけで収入や事業の目途が立っていない場合には、開業届の提出は一旦保留で構わないと思います。

働き始めて独立を決めたり、十分にひとつの事業としてやっていくことが可能という見通しが立った時点で開業届を出すようにしましょう。


a.miyata


公務員を辞めフリーライターへ。途中SEとして再度正社員になるも、再びフリーに。 好きなことは旅行とお酒。ライティングに活かせる趣味は読書と人と話すこと。アウトドアメディアでの専任ライターを中心に、各種記事を執筆中。 仕事を選ぶ際、辞める際の基準は常に『自分が楽しいと思えるか』と『常に成長できる場所であるか』。


PREV TOPIC

《働くママシリーズ7》「保育園落ちた!孫頼む」で険悪になる前に“祖父母手帳”で解決できる?

NEXT TOPIC

フリーランスだからこそ営業が大切です。

あなたへのオススメ記事

最新トピック・コラム 他

【講談社Rikejo】池澤あやか出演の理系女子お仕事イベント開催

最新トピック・コラム 他 / パラレルキャリア / 2017.11.16.Thu

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

《働くママシリーズ4》東日本大震災はママの働き方を変えたか、6年で見えてきたこと

最新トピック・コラム 他 / 女性・主婦のキャリア / リモート・テレワーク / 2017.03.11.Sat

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

ノマド・フリーランス

外出先でワークスペースを検索できるアプリが登場!?

最新トピック・コラム 他 / ノマド・フリーランス / 2015.10.01.Thu

ノマド・フリーランス

「人を記号で見るやり方は今後通用しない」これからの会社と個人の在り方とは!?(2/2)

最新トピック・コラム 他 / 副業・ダブルワーク / ノマド・フリーランス / 2017.03.23.Thu

ノマド・フリーランス

【No.24】採用工学のススメ ~<特別鼎談>「フリーランスのように会社員として働く」企業~

最新トピック・コラム 他 / ノマド・フリーランス / 2017.03.19.Sun

最新トピック・コラム 他

自分のアイデアが形になるアイデアクラウドソーシングサービス【Blabo!】というサービス

最新トピック・コラム 他 / 副業・ダブルワーク / 2017.12.27.Wed

最新トピック・コラム 他

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )