画像引用元: ぱくたそ

ノマド・フリーランス

【フリーランス必読!】タスク管理がうまくいかない時はWBSを作ってみる。

クライアントへの納期や自分のタスク管理はうまくできていますか?

以前の記事にも紹介させていただきましたが、フリーランスだとクライアントからの評価が次の仕事に大きく関わります。

いかに納期を守り、クライアントが期待している以上の品質で収められるかが大切です。

しかし、タスク管理ツールなどを利用してもなかなかうまく自己管理が出来ない場合があります。そこで今回は、タスク管理ツールを効率よく使う方法をご紹介したいと思います。

この記事を読む

そもそも、やることを把握していますか?

画像引用元: ぱくたそ

自己管理がうまく出来ない方の大半は、そもそも作業の内容をしっかり把握していないことがあります。

一つの作業でやるべきことがわかっていないと、作業自体にどれぐらいの時間がかかるのか作業時間の見積がうまく出せません。そうなると、当初思っていたより時間が掛かってしまい、他の作業が出来ない、納期に間に合うスケジュールを組むことが出来ないと言ったような事態になってしまいます。


WBSをやる重要性

画像引用元: ぱくたそ

そこでWBS(Work Breakdown Structure)という考え方の登場です。WBSはやるべきことを細分化して管理する手法ですが、この作業表をしっかり作るのは良いことばかりです。

作業の時間見積がやりやすくなることだけではなく、自分の作業の見直しや作業に抜けがないことも確認出来ます。ミスや内容の確認が出来るということは、納品分のクオリティーの維持にも繋がります。

また、1人の場合だけではなく、チームで作業する時などにも、作業の内容が細分化されているのでWBSの作業単位で仕事の振り分けも行うことが出来るので、管理もやりやすくなります。


とにかくWBSを作ってみること

画像引用元: ぱくたそ

WBSを行うことは難しい話ではありません。作る際はExcelなどを使ってリスト化していき、自分で管理しやすい形に作っていきます。少しだけ、私が実際にやっているWBSの方法を紹介しましょう。

1.自分が今やっている作業をとにかく、「これ以上細かくは出来ない」と言う位に細分化する。

2.細かく細分化された作業を、前もって時間見積しておく。

3.作業一つ一つに関して、やるべきタスクをまとめて書いておく。

4.各作業内容をチェックリストにもなるようにしておく。

以上の内容をExcelなどを使って作るだけです。

あとは、日々作業をやっていく中で新しくやることが増えた内容などをどんどん足して入れていけばより精度の高いWBSが完成します。


まとめ

画像引用元: ぱくたそ

いかがでしたでしょうか?

自己管理をするにはまずは、自分の作業の一つ一つをしっかり把握する必要があります。WBSを使い、自分の作業を把握した上でタスク管理ツールも駆使して、タスク管理を行いましょう。


WEBディレクターぴえろ


webディレクター兼webライター。 フットサル、料理、お酒(特にワイン)が趣味。 過去にイタリアンシェフ、バーテンダーの経験を経て独学で勉強してたweb業界に転職し、現在webディレクターとしてもweb制作やランサーズでチームを作りディレクションを行うなどの活動中。 その他、自身でwebディレクターの為のメディア「webディレクターTalk」を運営、webライターとしても配信中。


webディレクターTalk

PREV TOPIC

友人・知人からの応援を集めるフレンドファンディング「polca(ポルカ)」がアツい!?

NEXT TOPIC

ノマドワーカーやフリーランスだからこそ気にかけるべき、自分の身守る方法〜ランサムウェア編-後半-〜

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )