副業・ダブルワーク

副業系サービスマップからみる様々なタイプの副業術!?【前編】

週末を活用した副業を推進するシューマツワーカーを運営する株式会社社食コレクションが、副業系サービスをまとめたカオスマップを公開しました。

注目を集める副業・ダブルワーク関連のサービスですが、思った以上に多種多様なサービスがあるようです。今回は、いくつかジャンル分けして副業サービスをご紹介しましょう。

この記事を読む

クラウドソーシング

今や一般的にも十分に認知されるようになったクラウドソーシング。

大手サイトであるクラウドワークスやランサーズといった総合型から、ライターやデザイナー、翻訳といった業務特化型まで幅広く存在します。

すでに一つの産業として認知された感もあるクラウドソーシングは、副業を始めたい人にとっても利用しやすいサービスでしょう。 


家事代行

以前から家事代行サービスは存在していましたが、老舗サービスに加えて、CasyやKIDS LINEなど新しい風が入ったことで活性化してきたジャンルです。

サイトに登録してマッチした家庭に出向いて、炊事・洗濯・掃除などを請け負う仕事ですね。副業のために登録しているユーザーの中でも、最も多いのは主婦のようです。時給にしておよそ1,000〜2,000円ほどのサイトが多いようですが、慣れている仕事でありながらスポットで気軽に稼げる点が魅力です。


シェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーの発展も、個人の副業を大きく後押しするキッカケでした。世界的にも存在感を増しているUberやAirbnbはもちろん、日本でもスペースマーケットなど独自のシェアリングエコノミーサービスが台頭してきています。

ユーザーとして利用するのももちろん便利ですが、個人が空いた時間と少ない初期投資で始められるものも多いので、副業したい人にはピッタリなサービスばかりですね。


スキル・時間販売

同様に副業の始めやすさという点でオススメしたいのが、このスキル・時間販売型のサービス。TIME TICKETやココナラといった、自分のスキルを一定の時間分提供することで対価を得るサービスは、スマホの普及とともに広まってきました。

相互評価システムが一般的なので、良いサービスを提供すれば高い評価を得ることができ、それが蓄積されていくことでネクストステップにも繋がりやすくなるという流れです。個々人の信用や実績をネット上で管理し、格付けすることができるので、腕に自信のある人はどんどんビジネスがしやすくなってきています。

【次回の記事】
副業系サービスマップからみる様々なタイプの副業術!?【後編】もご覧ください。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )