画像引用元: 写真AC

最新トピック・コラム 他

リモート・テレワーク

リモートワーカーが誤解されやすいこと~後編~

今回は前回に引き続き、2017年、働き方革命の中、注目を集めている「リモートワーク」で「誤解されている」事をご紹介します。

【前回の記事】
リモートワーカーが誤解されやすいこと~中編~」もご覧ください。

この記事を読む

リモートワーク導入は経費がかかる。

画像引用元: 写真AC

リモートワークを導入しようと思ったら費用がかかるイメージを持っていませんか?確かに多少の費用はかかるかもしれませんが、リモートワークによって、オフィスまでの往復の交通費や残業代などの削減に繋がりますので、結果的には経費が浮くのではないでしょうか。

また、今はリモーワークに適したアプリなども複数出ているので、それらを利用することで経費を抑えながら導入することが出来ます。


リモートワーカーは孤独

画像引用元: 写真AC

リモートワーカーはどうしても「孤独」というイメージがあります。自宅やカフェで作業をしていたりするので、あまり人との接点がなく、1日が終わるのではないかと想像しているのかもしれません。

しかし、リモートワークはあくまでチームで作業をする上で利用している「働き方」という点に着目しましょう。同じチーム内で仕事や成果を共有しながら、単にそれぞれが違った場所で作業をしているだけなのです。確かに「物理的には会わない」ですが、作業の進め方や共有はオフィスでの仕事と同じなのです。


リモートワーカーは自己管理が大変

画像引用元: 写真AC

フリーランスにも似ている所はあるかもしれませんが、リモートワーカーの場合も、ある程度自分に対してストイックな部分をもつ必要があると思います。もちろん、仕事の全体スケジュールに関しては、作業進捗を管理している人はいるでしょうが、自分に決められた納期をどのようにクリアしていくかを決めるのは自分です。

外で作業をしているとゆっくりし過ぎてしまうこともあるかもしれません。どうすれば自分にとって一番働きやすいかを見つけて、スイッチのオン・オフの切り替えをもつことが大切です。


まとめ

画像引用元: 写真AC

以上、いかかでしたでしょうか。

リモートワークと一言で言っても働く形や捉え方は様々です。

ですが、新しい働き方の一つであることは間違いないですし、これからもっと主流になっていくと思います。自分はどのようにリモートワークを行い、生産性をあげることができるかを考えると、より身近な働き方になるのではないでしょうか。


WEBディレクターぴえろ


webディレクター兼webライター。 フットサル、料理、お酒(特にワイン)が趣味。 過去にイタリアンシェフ、バーテンダーの経験を経て独学で勉強してたweb業界に転職し、現在webディレクターとしてもweb制作やランサーズでチームを作りディレクションを行うなどの活動中。 その他、自身でwebディレクターの為のメディア「webディレクターTalk」を運営、webライターとしても配信中。


webディレクターTalk

PREV TOPIC

東京駅直結・タダで利用できる就活応援スペース「スパシーバ」

NEXT TOPIC

リモートワーカーが誤解されやすいこと~中編~

あなたへのオススメ記事

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

ホワイトデーに見る職場での“男女のすれ違い”はどう解決すべきか

最新トピック・コラム 他 / 女性・主婦のキャリア / 2017.03.14.Tue

最新トピック・コラム 他

リモート・テレワーク

リモートワーカーになる前に確認したい4つのこと

リモート・テレワーク / 2016.01.08.Fri

リモート・テレワーク

セルフコントロールがこれからの働き方の鍵!?

リモート・テレワーク / 2015.07.29.Wed

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

民間企業に大きく遅れる政府のワークスタイル変革!?

最新トピック・コラム 他 / 2015.11.27.Fri

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

人材発掘になる「ジョブシェア」はこれからどんどん加速する⁈

最新トピック・コラム 他 / 女性・主婦のキャリア / 副業・ダブルワーク / 2017.08.17.Thu

最新トピック・コラム 他

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )