最新トピック・コラム 他

「世界一幸せな国」が伝えたい考え方

突然ですが「世界一幸福度が高い国」はどこか、ご存知でしょうか?

正解は、北欧のデンマーク。「世界幸福度報告書2013」でも2年連続幸福度ランキング1位に輝いている日本にはあまりなじみの無いこの北欧の雄は、なぜこれほどまでに幸福度が高いのでしょうか。

その秘密に迫ります。

この記事を読む

ハイレベルでバランスの取れた国

デンマークは人口わずか550万人ですが、これは日本だと兵庫県の人口と同程度です。

そして、注目すべきは世界競争力ランキングでも上位に入るというその経済力も併せ持っているということです。

それを裏付けるデータとして、実は国民一人当たりのGDPは日本よりもデンマークの方が高いのです。(デンマークは世界7位、日本は13位)

一見すると小国ながらも、非常にバランスの取れたデンマークで働く人々の生産性の高さの理由はどこにあるのでしょうか。


デンマークのグローバル企業

ちなみに、デンマークの有名企業を挙げてみましょう。

・LEGO社(玩具会社)
・ヴェスタス社(風力発電機メーカー)
・ノボノルディスク社(製薬会社)
・ロイヤルコペンハーゲン(陶磁器メーカー)
・フライング タイガー コペンハーゲン(雑貨販売)

などなど、世界的に展開しているグローバル企業は枚挙に暇がありません。

高い生産性をどのように生み出して、この経済的な競争力を維持しながら、そして幸福度の高い生活を送れているのでしょうか。


個人をリスペクトする

「デンマーク流『幸せな働き方』幸福度も生産性も高い秘密」の内容をまとめると、このような内容となっていました。

【個人をリスペクトする国】

・問題を指摘されると嫌がられるどころか「喜ぶ」傾向がある
・自分の意見を開示しないことはタブー
・問題が起きたら、極めてストレートに核心に迫る物言いをする
・上司にどう思われるかよりも、目の前の課題を解決する方が大切
・結果が評価基準であり、残業が評価されることはほとんどない

これらをシンプルにまとめると「個人をリスペクトしている国」ということです。

「一人ひとりが自分の大切にしている価値観に誇りをもって、それをストレートに伝え合う」文化をもった国なのではないか、ということを感じました。


自分の考えを主張する

デンマークの働き方をそのまま日本にもってくるということは現実的ではありませんが、その考え方は参考になる部分が多いのではないでしょうか。

「自分がどのように感じて、どのように考えているのか。」

この基本的な部分をストレートに表現できる文化や価値観を持っていることが、仕事上の競争力にも、ライフワークバランスとしての幸福度にも現れている気がします。

日本ではあまり直接的なもの言いは歓迎されづらい文化ではありますが、一方できちんと自分で考えて、その意見を主張できる人が貴重であり求められていることも事実です。

少なくとも上司の顔色を見ながら仕事をしている限りは、幸福度があがることは無さそうです。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

メンタルが強い人がやらない12の法則(3/3)

NEXT TOPIC

女性に話したい! 女性の味方、ホワイトアロー企業って知ってる?

あなたへのオススメ記事

最新トピック・コラム 他

「地元のために働く」という新しいカタチ!?

最新トピック・コラム 他 / パラレルキャリア / 2015.12.11.Fri

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

誰でも本屋をひらける「ことりつぎ」が素敵すぎる

最新トピック・コラム 他 / 副業・ダブルワーク / パラレルキャリア / 2017.10.16.Mon

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

広告大手のADKの新採用システム、「相棒採用」って何!?

最新トピック・コラム 他 / 2016.02.19.Fri

最新トピック・コラム 他

最近よく聞く、スタンディング・デスクって何?

最新トピック・コラム 他 / 2015.09.28.Mon

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

最新トピック・コラム 他

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )