最新トピック・コラム 他

最近注目のアジア就職で自分の価値が上がる!?

「周囲の人と比べて、自分の価値が見出せていない」

「もっと自分が活躍できる環境は無いのだろうか」

働きながらそんなことを思っているあなたにお届けしたい、最近流行りの「アジア就職」。その名のとおり、日本を出てアジアで就職するということですが、流行って来たのにはきちんとした理由があるんです。

この記事を読む

日本で働くことは常識

働き先を考える時に日本での就職が当たり前になっていませんか?

もちろん、慣れ親しんだ土地と周囲の人に囲まれながら仕事に取り組むことの魅力が大きいことは事実です。

しかしながら、日本で働く以外の選択肢が今の世の中には沢山ありますよね。

特に、今急成長中のアジア諸国で働くことは、実は日本にいたら思いもよらないような良い部分があったりするんです。


成長市場で働くということ

アジアで就職をするこということは、成長市場に身を置いて仕事に取り組むことができるということ。

今の日本市場は重苦しい雰囲気とまでは言いませんが、アジア諸国に比べると成長率は鈍化しています。

一方、アジア諸国は数十年前の日本のように、「これから僕らの生活はもっと良くなって、将来は豊かになっていくもの」という明日に希望をもっている熱気があります。

周囲がポジティブな雰囲気の中で働いていくことは、精神的にも大きくプラスにはたらくのでは無いでしょうか。


「自分が求められている」という環境

また、日本と比較しても現在発展中のアジア諸国においては、日本が辿ってきた軌跡は彼らの未来という訳です。

ということは、日本で働いてきたビジネスパーソンはアジア諸国の企業や人々にとって、未来を教えてくれる先生のような存在でもあります。

だからこそ日本で突出した評価を得ている訳ではないビジネスパーソンでも、アジア諸国では高く評価される可能性があります。

「自分が求められている環境で頑張る」ということは、実は大切な要素なのかもしれません。


不確定な状況で突き進む

アジア諸国では経済の発展に伴い、色々なものを整備しているのが現状です。

ビジネスにおいても、法律や制度などが未整備な状態のまま仕事をしているような状況と言えるでしょう。

アジア諸国に比べると日本は成熟した市場でルールや制度もガチガチに決められている環境です。だからこそ、アジア諸国で働くということはレールの敷かれていない中で、色々と手探りでビジネスを進めていくという貴重な経験ができるのではないでしょうか。

これらの経験は、きっと後に日本で働く時にも大きな価値になってあなたを大きくしてくれるはずです。


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

NEXT TOPIC

あなたへのオススメ記事

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )