画像引用元: 株式会社CaSy

女性・主婦のキャリア

副業・ダブルワーク

働く個人が仕事を選ぶ時代へ | キャストの満足度を押し上げたCaSyの「相互評価制度」【2/2】

日々忙しく仕事に精を出す人にとって、プライベートの時間をいかに確保するかは喫緊の問題です。仕事以外の時間を十分に確保するために、家事を依託する・シェアするという選択肢も年々普及してきています。

前回記事に続いて、今回は家事代行サービス「CaSy」で働くキャストのモチベーションを上げるインセンティブ制度、そして今後の展望についてお話を伺いました。

【前回の記事】
家事の時間を家族の時間に | CaSyが挑む「家事代行への罪悪感の払拭」【1/2】もご覧ください。

この記事を読む

法人向け家事代行サービス利用が増加

編集部:相互評価に変えて上手くいったということですか。

CEO・加茂雄一さん(以下、敬称略):はい。あらゆる業界で人不足が叫ばれていますが、この業界は有効求人倍率が4倍と、かなり採用が難しくなっています。供給が圧倒的に不足しているので、しっかりと働き手を大切にしなければならない。ユーザーさんから見た評価ももちろん大事ですが、一方でキャストさんの声にも耳を傾ける必要があると感じています。お客様であるユーザーさんとの相性があったりするので、指定のユーザーさん宅へ無理矢理行かせるスタイルでは長続きしません。

編集部:なるほど。その他に、キャストの方が別のアルバイトやパートに流れない理由はあるんですか?

加茂:当社のサービスでは、他サービスで雇っているような営業マンがいないのでコストカットできている分、キャストさんに還元できます。先ほどの相互評価も関わってきますが、会社として「ユーザーさんから良い評価をもらったら、それが給与に反映される」ような仕組みを取り入れていますね。その辺りで選んでもらえているんじゃないでしょうか。また、スキマ時間で働くことができる点も大きいかもしれないですね。

編集部:なるほど。続けることや頑張って工夫することのインセンティブがある訳ですね。

加茂:あとは、主婦の方であれば、普段やっていることをスキルとして提供することができる。自宅で家事をしていても感謝されることは少ないと思いますが、お客様のところに行って家事代行をした場合には「ありがとう」という言葉を言ってもらえる。

編集部:スケジュールやスキルの面での働きやすさと、やりがいや実利もしっかりとあるということですね。

加茂:キャストさんからしたら、わかりやすい仕組みですよね。自分たちでユーザーさんから良い評価をもらうにはどうしたら良いかを考えて、工夫したり、切磋琢磨したりしてくれているので、サービスの質も底上げしてくれています。


社員の働き方サポートと難化する採用への切り札に

画像引用元: 株式会社CaSy

編集部:先日エン・ジャパンさんとも提携されましたよね。企業の福利厚生の一環として、社員さんが家事代行サービスを使えるようになるというのは流行りそうですね。

加茂:前職時に、家事代行サービスをつかっていた経験もあり、会社の福利厚生として使えたら良いなと感じていました。ただ、これまでは対応できるキャストさんの人数など供給面が不足していたこともあって下地をつくっていたのですが、サービスとしても段々と準備ができてきて、社会的な追い風もあって満を持してスタートしました。福利厚生の目的以外にも企業のニーズに合わせて法人向けのサービスも対応しています。すでに、NTTデータさん、メルカリさん、楽天さん、ビザスクさんなど、多くの企業に活用して頂いています。

編集部:大手からベンチャーまで、どういう基準で話を持ちかけているんですか?

加茂:いや、特に決めてないですよ(笑)。先方からお問い合わせ頂くことが多いです。

編集部:あ、そうなんですね!企業さんからの問い合わせは、世の中の流れを受けて増えてきてるんですかね?

加茂:増えてきていますね。社員の働きやすさをサポートするという意識の高まりもありますし、採用が難しくなっているので、その切り札としてサポート制度を手厚くしているという側面もあるようです。

企業としても働き方改革や生産性を高めてもらうという視点から、社員に家に帰ってきちんと休む時間をつくってもらいたい。けれども、家事に忙殺されたりして、ストレスが溜まったりとか、健康やモチベーションに悪影響なケースも少なく無いのが実状です。しっかりと休養をとったり、空いた時間で好きなことをやってもらいたい、という判断でで企業が導入されていますね。

編集部:今は売り手市場で、人材確保も喫緊の課題ですよね。

加茂:あとは、ベビーシッターの利用を補助する、という制度を取り入れている企業って前々からあったと思うのですが、それだとママさん社員でないと恩恵を預かれない、などと言った偏りもあったんです。家事代行であれば、単身の方など多くの方に利用してもらえるサービスになります。

編集部:私も家事が苦手なので気持ちわかりますね(笑)。サービスを運営していて大変な点はどんなところでしょうか?

加茂:いかにキャストさんを確保していくか、という点ですね。日本全体で見た時に働き手は減って行くので、その中でどのようにこのお仕事を選んでもらえるかは日々試行錯誤しています。

編集部:外国人のキャストさんの採用もされてるんですか?

加茂:はい、してますよ。日本語を話せる方という条件はありますが、国籍関係なく採用しています。

編集部:柔軟な働き方をサポートしてくれるサービスとして、個人でも、法人でも家事代行サービスの利用は広がっていきそうですね。

加茂:はい、我々もそうなるように全力で頑張って行きたいと思います。

編集部:今日ありがとうございました!

加茂:こちらこそありがとうございました!


Trigger運営事務局


メディア編集長である藤原ユウマを中心に、Trigger運営メンバーで記事を書いています。


トップページはこちら

PREV TOPIC

社会人の職場体験サービス「おためし転職」を仕事旅行社がリリース!

NEXT TOPIC

家事の時間を家族の時間に | CaSyが挑む「家事代行への罪悪感の払拭」【1/2】

あなたへのオススメ記事

副業・ダブルワーク

女性・主婦のキャリア

副業・ダブルワーク

仕事で自己実現がしたい!必要なのは自己分析とマーケティング⁈

女性・主婦のキャリア / 副業・ダブルワーク / パラレルキャリア / 2017.05.19.Fri

女性・主婦のキャリア

女性・主婦のキャリア

仕事の数は“35億”。ココジャナイ感を抱き続けるくらいならどんどん転職すればいい

最新トピック・コラム 他 / 女性・主婦のキャリア / パラレルキャリア / 2017.04.20.Thu

副業・ダブルワーク

副業・ダブルワーク

家事の時間を家族の時間に | CaSyが挑む「家事代行への罪悪感の払拭」【1/2】

女性・主婦のキャリア / 副業・ダブルワーク / 2018.01.10.Wed

女性・主婦のキャリア

副業・ダブルワーク

好きなことを仕事に!自分らしくキラキラ輝くための「副業」のすすめ

副業・ダブルワーク / パラレルキャリア / 2016.09.20.Tue

副業・ダブルワーク

副業・ダブルワーク

副業禁止にうなづく社畜の皆さんに告ぐ!?

副業・ダブルワーク / 2015.09.21.Mon

副業・ダブルワーク

副業・ダブルワーク

このままの働き方では不安な人へ。変化するために必要な事。

リモート・テレワーク / 副業・ダブルワーク / パラレルキャリア / 2016.10.07.Fri

女性・主婦のキャリア

女性・主婦のキャリア

《働くママシリーズ1》「週3時短」でも通勤が長いと負担は大きい

最新トピック・コラム 他 / 女性・主婦のキャリア / リモート・テレワーク / 2017.01.11.Wed

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4



Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => FEATURE_INDIVISUAL ) )