世界的に注目を集める東大発のロボットベンチャーでのメカニカル・オペレーション・スペシャリストを募集!

株式会社MUJIN

Introduction

求人紹介

POINT

世界的に有名なロボットアプリケーション開発環境である「OpenRAVE」の創始者が創業メンバー。

2014年8月に総額約6億円の資金調達を実施した世界が注目する日経ロボットベンチャー!

日経ビジネス誌「日本を救うベンチャー100選」に選出!

世界的に有名なOpenRAVEの創始者が創業メンバー。

株式会社MUJINは、世界中の産業用ロボットをより簡単に、より便利に使えるようにするソフトウェアを開発・提供している東京大学発のベンチャー企業です。

MUJINは滝野一征と出杏光 魯仙(Rosen Diankov)によって2011年に創業。

ロセン(魯仙)は世界的に有名なOpenRAVEの創始者であり、OpenRAVEはロボットアプリケーションに関する動作計画のアルゴリズムをテスト、開発、展開するために数多の研究者が利用するオープンソースのプラットフォームです。

これまでの手動によるロボットシステム・インテグレーション・プロセスは、時間がかかり不確実なため非効率的で、急速に変化する市場に対して実践的とはいえませんでした。

今日の製造現場では、生産工程の能率と効果をアップさせ、ロボットハードウェアの潜在力を最大限に引きだしつつ、インテグレーション期間を大幅に短縮する自動化ソリューションが求められています。

そんな中立ち上がったMUJINの使命は、「全ての人に産業用ロボットを」を達成する事。

なぜなら、私たちは産業用ロボットが今より簡単に、そして誰にでも扱えるようになる事こそが、工場の自動化を促進し、世界的な生産性を向上させる重要な鍵だと信じているからです。

「産業用ロボットや機械を知能化し生産現場への導入を容易かつ安価に実現する」

この想いのもと一緒に働くメンバーは、世界中から集まった各分野の一流ロボットエンジニアにより構成されています。

日本の産業用ロボット技術に可能性を感じて、その未来に自分も関わりたいと思える方は是非お問い合わせください!!

産業用ロボットコントローラ総合メーカーとして、「ロボットに考える力を」。

産業界にロボット知能化システムを設計する技術を持った専門家から構成される東京大学発のベンチャー企業であるMUJIN。

世界でも例をみない汎用三次元制御プラットフォーム(MUJINコントローラ)により ロボットを知能化できる次世代ばら積みピッキングシステム「ピックワーカー」や、機械構造を選ばない次世代3次元NCシステム「MUJINレーザーワーカー」を手がけています。

最近ではレーザーワーカーはレーザー加工機だけでなく、いかなる機械にも転用できるため、 古い機械を超短期間で更新するサービスへの需要が急増しており、 新規機械を購入せずとも、ローコストで機械を刷新できる技術は製造業における設備投資のあり方を変えると期待されています。

下記に簡単にMUJINのソリューションをご紹介いたします。

■MUJINピックワーカー
MUJINが誇る世界初リアルタイム自動干渉回避機能搭載の次世代バラ積みピッキング知能システムです。対象部品を3次元認識し、その情報を基にMUJINコントローラが干渉回避を考慮した動作を一瞬で生成するため、従来では困難であった完全ティーチレスでの深い箱からのバラ積み部品取り出しを可能にしました。

■MUJINコントローラSIM
ロボットのティーチングプレイバックシステム向けのロボット動作・配置最適化オフラインシミュレータです。従来の労働集約的なマニュアルティーチング作業を行う代わりに、MUJINコントローラーSIMを使用する事で干渉回避が完璧に考慮された高能率且つ最速の軌道を自動的に排出できます。

更にMUJINコントローラが排出するプログラムでは実機ロボット動作に対して95%の整合性を確保しているため、現場での調整手間が激減いたします。このように、動作計画技術の活用により、以前は不可能と思われた工場のレイアウトの最適化や複数ロボット制御をもMUJINコントローラは実現いたします。

■MUJINレーザーワーカー
レーザーワーカーは、近年急激に需要が増えつつある多軸の3次元レーザー加工機用に最適化されたコントローラです。従来は困難であった多軸機械のティーチングも以下の革新的機能により誰にでもストレス無く行っていただく事が可能です。レーザー加工機の他、レーザー加工ロボット、ウォータージェット、溶接加工にも対応し、様々な場面でお客様の求めるパフォーマンスを実現します。

Recruit

職種情報

職種名

メカニカル オペレーション スペシャリスト

仕事内容

■ロボットセルの組み立て、及び管理
■社内ハードウェア部品の購入、及び管理

雇用形態

契約社員 / 業務委託・インターン他

給与

時給2,000円

勤務地

東京
文京区本郷

勤務時間・勤務日数

一週間あたり、8時間×3日程度を想定しています。
※フレキシブルに対応可能なので、6時間×4日などご相談下さい!

応募条件

【必須スキル】
- メカニカルエンジニアリングまたはオートメーションエンジニアリング学部卒業者(専門学校可)
- メカニカルセルのデザインおよび産業自動可ラインのデザインスキル
- 英語、及び日本語のデータシートの読解
- 国内、及び海外からの電子部品、メカニカル部品のオーダリング
- CADを使ったデザイン経験
- 部品管理のためのソフトウェアツール使用経験

【歓迎スキル】
- メカニカルデザイン、電気回路デザインの基礎知識
- CNCの知識と経験
- PLCの知識と経験
- ハンダ付けなどの基本的な電子回路の製作経験
- 基本的なメカニカルツールのプロトタイプ製作経験
- 日常英会話

募集の特徴

週休3日以上 / 6時間勤務以下

More Information

会社紹介

日経ビジネス誌「日本を救うベンチャー100選」に選出!世界が注目する今後のMUJIN。

日本政府は、ロボットを国の成長戦略の大きな柱とし、2020年までに現在のロボットの市場を3倍の2.4兆円にしていく考えです。

2011年に人知れず誕生したMUJINは今日、10年以上にも渡り世界中で1,000以上ものロボットに動作計画エンジンを提供してきた世界一のモーションプランニング技術を武器に、産業用ロボットの世界を大きく変えようとしています。

産業用ロボットを利用した生産システム自動化の需要は年々増加している中、特別な技術と膨大な時間が要求されるシステムインテグレーションのプロセスは、ロボット普及を妨げる最大のボトルネックとして今だ業界の大きな課題として存在しています。

従来の位置決め装置にすぎなかった産業用ロボットに自ら「考えて動く」能力を与え、複雑な制御を素早く容易に行う事が出来るようになり、ロボットによる自動化を大きく推進できます。

そんな私たちの取り組みを評価頂く機会が増えてきており、日経ビジネス誌「日本を救うベンチャー100選」に選出されました。さらに、2014年8 月にはジャフコ及び東京大学エッジキャピタルから総額約6億円の資金調達を実施して、これからさらに攻めの投資をしていきます。

人を単純作業から解放し、日本国内に生産の現場を取り戻すと共に、世界をリードする日本のロボット・メーカー各社のロボット・ハードウェアと連携することで、産業用ロボットの更なる輸出産業化に貢献する事を目指して参ります。

Corporate Information

会社情報

代表者

滝野 一征、出杏光 魯仙

事業所

〒113-0033 東京都文京区本郷 4-8-13 TSKビル1F

事業内容

産業用ロボットコントローラ(超汎用制御プラットフォーム、MUJINコントローラ関連商品)の開発/販売

設立年度

2011年7月6日

人数

15人

資本金

3億4090万円

主な取引先

キヤノン株式会社
本田技研工業株式会社
株式会社シーイーシー
富士通株式会社
川崎重工業株式会社
日産自動車株式会社
株式会社デンソー
株式会社日立製作所
株式会社小松製作所
川田工業株式会社
株式会社リコー 等

Process

選考プロセス

応募方法

下記よりご応募ください。

選考の流れ

書類選考、面接を予定しております。

話を聞きに行く

応募する

SEARCH JOBS

- 仕事を探す -

1

2

3

4


Array ( )
Array ( [Trigger] => Array ( [viewid] => OFFER_DETAIL ) [LAST_OFFER_DETAIL] => 75 )